なぜ永谷園はビアードパパを買うのか

「味ひとすじ」の永谷園が100億円の買収に打って出た

「ビアードパパ」は全国に150店以上展開、関東エリアで50店を超す

甘い香りに誘われて思わず足を止め、「ビアードパパ」のシュークリームを買った人は少なくないだろう。ところが、その運営会社を永谷園が買収するというのだから意外や意外だ。

お茶漬けのりとシュークリーム――。いったい、どんな狙いがあるのか。

永谷園は10月22日、シュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」を擁する麦の穂ホールディングス(以下、麦の穂HD)の子会社化を発表した。アント・キャピタル・パートナーズが運営するファンドなどから全株式を取得し、グループの傘下に取り込む。

買収金額は約94億円。麦の穂HDの連結純資産は約37億円であり、永谷園はこの2.5倍の金額を投じる。同社は08年に北海道の製麺会社を10億円弱で買収しているが、100億円に迫る買収はこれが初めてだ。

新カテゴリーのチャレンジを具体化

今回の買収は、永谷園創業者の次男である永谷泰次郎氏が12年の社長就任以来掲げている「新規カテゴリーへのチャレンジ」を具体化した格好だ。経営企画部の掛谷浩志副部長は、「加工食品事業だけでは市場が伸びない。成長のためには新たなフィールドへの挑戦が必要」と話す。そして、「(今回の買収で)海外拠点が多く取れる」とも言う。

次ページ買収するのはどんな会社?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。