サイゼリヤ、コンビニの商品力に学ぶ

千葉新工場に漂う濃厚な香り

「あれはショックだった」――奔放な発言で知られる堀埜一成・サイゼリヤ社長に衝撃を与えたのは2009年に大手コンビニチェーンが発売したロールケーキ。そのロールケーキは大ヒット商品となり、他のコンビニチェーンが類似品を続々と投入。いまやコンビニスイーツは強力な来店動機になっている。

堀埜社長は売れ行きに衝撃を受けたのではない。コンビニと外食の圧倒的な商品力の差を見せつけられたのだ。

そのロールケーキには生乳由来の生クリームが使われていた。生クリームは品質管理が難しく、外食では植物性由来のホイップクリームに頼るしかない。コンビニが生クリームを使用できたのは物流体制と商品開発の賜物だ。

店舗への配送は、サイゼリヤなど大手外食チェーンでは1日1回が原則だが、コンビニは店舗数が1ケタ多いにもかかわらず、1日3回だ。

また、コンビニは取引先のベンダー業者と連携して商品開発を進めており、たとえば、かつてはおいしくない弁当の代名詞だったコンビニ弁当も、品質が急激に改善している。とどめが、外食では商品化できなかったロールケーキだった。

コンビニへの危機感から最大規模の新工場

「このままでは負ける」――。危機感を抱いた堀埜社長は従来の調理工程刷新による、商品力の底上げを決意した。堀埜社長が何度も建設計画を練り直した末に具現化したのが、この1月14日に竣工し、23日に開所式が行われた千葉工場(千葉市、写真)だ。

サイゼリヤにとって国内5カ所目の千葉工場は10年ぶりの新工場となる。自動倉庫を併設するため、建物面積は7700平方メートルと同社最大規模だ。スープやソースなどの加熱食品を生産し、今年8月までに東京都、千葉県の300店舗へ配送する計画だ。投下資金50億円は同社の平均的な年間設備投資額に匹敵する。

次ページ金属臭のない濃厚な香りが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。