なぜ永谷園はビアードパパを買うのか

「味ひとすじ」の永谷園が100億円の買収に打って出た

しかし、近年はお茶漬けやみそ汁類の売り上げは伸び悩んでおり、人口減少などから国内市場の縮小も見込まれる中、手をこまぬいていられなくなったのが実情だろう。そして、「昨年創業60年を迎え、次の30年を乗り切る新機軸」(掛谷氏)として、今回の大型買収に踏み切ったわけだ。

和風スイーツの海外展開も視野

麦の穂HDの傘下には多くのブランドがある。写真は「36Sticks」のスティックケーキ

今後の具体的な連携策として、まずは永谷園が持つ量販店とのパイプを生かし、「ビアードパパ」を中心に出店を加速する考え。また、永谷園の製麺子会社から麦の穂HDのうどん店への原材料供給、共同購買による費用削減効果も視野に入れる。

肝心の海外事業では、「米国、中国、東南アジアを重点地域として和風スイーツなどのテイクアウト店の展開を考えている」(掛谷氏)と話す。

昭和28年の創業から「味ひとすじ」を企業理念とし、国内市場で地道にやってきた永谷園は、今回の買収で海外進出拡大の布石を打った。今後の成長戦略を占ううえで、重要な大型買収であることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。