オリジナル品種は920、新種誕生まで10年超

「サカタのタネ」最大の研究センターに行ってみた

トルコギキョウはサカタのタネの名作。バラの花のような八重咲き

やわらかくて、あまーい「アンデスメロン」。 名前の由来は?

「メロンって、もともと高い山に生えていた植物で、南米のアンデス山脈が原産地なんじゃない?それを日本でも作れるようにしたんで、アンデスメロン。きっとそうだって」――というのは大間違い。

アンデス山脈は全く関係なし。アンデスメロンは、種苗会社大手のサカタのタネが、1977年に発売したメロンで「生産者は作って安心」「流通は売って安心」「消費者は買って安心」の「安(アン)心です(デス)」を縮めて命名された。「アンデスメロン」は、サカタのタネのオリジナル品の種からできるメロン、ということだ。

サカタのタネが開発したオリジナル品種は、他にも野菜だけでも「王様トマト」、スイートコーン「ゴールドラッシュ」、ほうれん草「クロノス」、大根「冬自慢」、きゅうり「フリーダム」など枚挙にいとまがない。オリジナル品種の総数は、野菜で約320品種、花は約600品種あり、毎年、野菜で約10品種、花で約80品種の新品種が登場している。

次ページ開発の際の第1目標は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT