夫婦2人揃って「時短勤務」というすごい選択

「後ろめたさゼロ」はなぜ可能なのか?

(写真・キャプション) 夫のJさんの手料理、ボンゴレのパスタとムール貝のトマトソース乗せオーブン焼き。サラダは妻のAさん作。ごちそうしていただきましたがおいしかったです!(著者撮影)

マンガでも書いたように、私はフリーランスなので時短勤務について詳しくありません。男性で時短勤務、というのも初耳でした。

知人の日本の会社員によれば「男性が時短というのは、産休育休を取るよりも厳しいのではないか」とのこと。ですが、気になって調査したところ、時短勤務で働く男性は実は日本にもいるそうです。もちろんかなり珍しい少数派のようですが……。

正直、私は今まで、男性のそういう働き方を考えたことすらなかったのですが(時短どころか普通の時間にも帰ってこない超長時間労働の夫がいるもので!)、今回の取材を通して、子どもが小さい時代に、一時的に「夫婦共に時短」ってかなりアリかも、と思ったりしました。そういう選択肢も選べるようになれば、日本の育児鬱がきっと減るのだろうなあ、と思ったからです。

「甘い」という声もわかるけれど……

そんなふうに言うと、「甘いよ! それじゃ会社はまわらないんだよ!」という声が聞こえてきそうですが、日本の少子化問題を考えると、大事なのは「じゃあどうしたらそれでも会社がまわるシステムになるのかな?」という声と発想だとも思うのです。

ただし、業務内容的に時短は難しい、という職種があることも確か。実はこの夫婦はそのあたりも考えて仕事を選んでいたのですが、その話は別の回で描く予定です。

というわけで、今回のまとめは、あえての理想論で!

育児しながらの毎日の料理につかれた

夫婦共に時短を取って交代で料理してみる

さて、みなさんは時短勤務の経験はありますか? ある場合、そのメリットデメリットは? よかったら、ぜひコメント欄で教えてください。

次回は、この夫婦のそのほかの家事育児分担の詳細についてです。今でこそバランスがとれた分担をしているこの夫婦ですが、かつてはそうじゃなかった時代もあったようで……。お楽しみに!

この連載のサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」がオープンしました。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT