子どもを持つ前に「遺言書」が必要だったワケ

「親としてふさわしいか」を考えない恐ろしさ

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。前々回から、スウェーデン人と日本人の国際結婚ゲイカップルであり、子育て中でもある「2人パパ」家族を紹介しています。前々回は子どもを持つまでのいきさつや家庭内の役割について(記事はこちら)、前回は具体的な家事育児分担について(記事はこちら)、今回はゲイカップルが子どもを持つにあたって考えたいろいろについて紹介します。

同性婚夫婦が子どもを持つに至るまで

次ページ男女の夫婦が子どもを持つよりかかわる人が多い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。