子どもを持つ前に「遺言書」が必要だったワケ

「親としてふさわしいか」を考えない恐ろしさ

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。前々回から、スウェーデン人と日本人の国際結婚ゲイカップルであり、子育て中でもある「2人パパ」家族を紹介しています。前々回は子どもを持つまでのいきさつや家庭内の役割について(記事はこちら)、前回は具体的な家事育児分担について(記事はこちら)、今回はゲイカップルが子どもを持つにあたって考えたいろいろについて紹介します。

同性婚夫婦が子どもを持つに至るまで

次ページ男女の夫婦が子どもを持つよりかかわる人が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。