「海外の子育ては参考にならない!」は本当か

「代理母出産の子」を育てる家族に学ぶ

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。数回に分けて、スウェーデン人と日本人の国際結婚ゲイカップルでもあり子育て中でもある「2人パパ」から「つかれない家族になるヒント」を探ってきましたが、今回がこのカップルの話のラストです。
2人が子どもを持つまでのいきさつや家庭内の役割について(記事はこちら)、具体的な家事育児分担について(記事はこちら)、ゲイカップルが子どもを持つまでに考えたこと(記事はこちら)につづき、今回は、このゲイカップルやそのほかの家族の平和な生活を支える、スウェーデンの社会と文化について紹介します。

 

ゲイカップルの「子ども」への反応は…

次ページ「孫が増えてかわいいです」(キッパリ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。