「海外の子育ては参考にならない!」は本当か

「代理母出産の子」を育てる家族に学ぶ

BBQのときのリカさんと息子くん。ひとりのパパが肉を焼き、ひとりのパパが子どもに食べさせる。この日はそんな分担をしていました

「話し合いの大事さ」については、この連載ではず~っと描いてきましたが、今回のスウェーデン取材であらためてわかったことがもうひとつあります。

それは、日本に比べて差別が少なく、皆で育児を分担するのが一般的なスウェーデンも、数十年前はそうではなかったということ。いろんな政党、団体、そして個人がコツコツ活動し戦ったことで、制度が変わり、社会システムが変わり、かつてなかった社会意識が生まれ、ゆっくりと変わって今の形になったということ。

それはつまり、日本も同じように変わっていく可能性があるということです。私はそんなふうに前向きにとらえました。そしてその変化への動きは少しずつ始まっていると思うのです。

自分の周りの社会から、少しずつアップデートしよう

というわけで、今回のまとめ。

育児に理解のない社会につかれた

つかれるような社会は変えてしまおう!
自分の周りの小さな社会から、少しずつアップデートしていこう

「社会を変える」というといかにも大変そうですが、たとえば「知人男性が育休を取る」と聞いたとき、いいことだなと思ったら「相手や周りにも応援・賛同の意思を言葉にして伝える」というのもひとつの活動だと思うのです。リアルな「いいね!」はひとつの波をつくるから。そして、ひとつの波は次の波を呼ぶから。

さて、みなさんは、「育児につかれない社会」になるためには、日本がどんなふうになったらいいと思いますか? ぜひコメント欄で教えてください~!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT