スバル「XV」ハイブリッドは一体何がスゴいか

モーターのアシストで走りは円滑、燃費向上

e-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドを搭載した「Advance」が「XV」に新たに加わった(筆者撮影)

今年10月、SUBARU(スバル)「XV」に新たに加わったグレードである「Advance」は、先日発売された同社のフォレスターのAdvanceと同じパワーソースを持つ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

つまりe-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドで、排気量2.0Lの水平対向4気筒直噴エンジンとモーターを組み合わせたシステムだ。

フォレスターではこのe-BOXERを搭載したAdvanceのほかに、2.5Lの水平対向4気筒エンジンを搭載したPremiumやX-BREAKなど、各グレードは並列的でキャラクターの違いで選んでもらうような感覚だった。しかし今回XVに加わったAdvanceは、XVの最上級に位置づけられるグレードとなっている。

e-BOXERのマイルドハイブリッドの仕組み

最近はメルセデス・ベンツやアウディなど、48Vのマイルドハイブリッドを用いたモデルが続々登場して話題となっているが、フォレスターや今回のXVが用いているe-BOXERのマイルドハイブリッドは、これらとは仕組みが少々異なる。

118Vの電圧で動くのはCVTとAWDの間に位置するモーターのみ(筆者撮影)

2.0Lの水平対向4気筒エンジンは最高出力145馬力/最大トルク188Nmを発生する。そしてリニアトロニックCVTを介し、シンメトリカルAWDによって路面に伝えるわけだが、概念的にはこのCVTとAWDの間にモーターが位置することになる。そしてこの位置は大きな径のモーターは入れられないので最高出力13.6PS、最大トルク65Nmを発生するモーターが組み込まれることになるわけだ。

このモーターは118Vで駆動および回生をして、ボディ後方に置かれたリチウムイオンバッテリーに出し入れする。そしてこのモーターは駆動と回生のみに用いられており、118Vの電圧で動くのはこのモーターのみとなっている。

そしてこれとは別に12Vで駆動するISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)が用意されており、このISGはアイドリングストップからの復帰にのみ用いている。そして通常のエンジン始動はセルによって行われている。ここまで読んでいただければわかるように、なんとも“もったいない”仕組みでもある。

次ページメルセデス・ベンツCクラスの場合
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。