スバル「XV」ハイブリッドは一体何がスゴいか

モーターのアシストで走りは円滑、燃費向上

e-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドを搭載した「Advance」が「XV」に新たに加わった(筆者撮影)

今年10月、SUBARU(スバル)「XV」に新たに加わったグレードである「Advance」は、先日発売された同社のフォレスターのAdvanceと同じパワーソースを持つ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

つまりe-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドで、排気量2.0Lの水平対向4気筒直噴エンジンとモーターを組み合わせたシステムだ。

フォレスターではこのe-BOXERを搭載したAdvanceのほかに、2.5Lの水平対向4気筒エンジンを搭載したPremiumやX-BREAKなど、各グレードは並列的でキャラクターの違いで選んでもらうような感覚だった。しかし今回XVに加わったAdvanceは、XVの最上級に位置づけられるグレードとなっている。

e-BOXERのマイルドハイブリッドの仕組み

最近はメルセデス・ベンツやアウディなど、48Vのマイルドハイブリッドを用いたモデルが続々登場して話題となっているが、フォレスターや今回のXVが用いているe-BOXERのマイルドハイブリッドは、これらとは仕組みが少々異なる。

118Vの電圧で動くのはCVTとAWDの間に位置するモーターのみ(筆者撮影)

2.0Lの水平対向4気筒エンジンは最高出力145馬力/最大トルク188Nmを発生する。そしてリニアトロニックCVTを介し、シンメトリカルAWDによって路面に伝えるわけだが、概念的にはこのCVTとAWDの間にモーターが位置することになる。そしてこの位置は大きな径のモーターは入れられないので最高出力13.6PS、最大トルク65Nmを発生するモーターが組み込まれることになるわけだ。

このモーターは118Vで駆動および回生をして、ボディ後方に置かれたリチウムイオンバッテリーに出し入れする。そしてこのモーターは駆動と回生のみに用いられており、118Vの電圧で動くのはこのモーターのみとなっている。

そしてこれとは別に12Vで駆動するISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)が用意されており、このISGはアイドリングストップからの復帰にのみ用いている。そして通常のエンジン始動はセルによって行われている。ここまで読んでいただければわかるように、なんとも“もったいない”仕組みでもある。

次ページメルセデス・ベンツCクラスの場合
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。