なぜ平壌で買える?「ポッカ」の不都合な真実

海外子会社が販売ルートを開拓していた

実は、ポッカの缶飲料の北朝鮮への流入については、これまでも報じられてきた。前述の「驚愕実態!対北朝鮮制裁は『ザル状態』だった」でも報じたように、ポッカシンガポールがシンガポールで製造した缶コーヒーは、シンガポールに拠点を置く「OCNシンガポール」(以下、OCN)と、その事業を引き継いだTスペシャリストが販売業者となり、北朝鮮に輸出していたことがわかっている。

OCNとTスペシャリストは北朝鮮の事実上のフロント貿易企業と化していた。そして、2018年3月に国連の安全保障理事会に提出された最終報告書では、国連の制裁決議に違反し、北朝鮮にぜいたく品を輸出したなどとして追及された。さらに、その両社の取締役であるシンガポール人のNg Kheng Wah氏は2018年7月、国連の制裁破りに関連した161の罪で起訴されている。

「ポッカインターナショナル」で起きた問題

また、シンガポールのストレーツ・タイムズ紙の2018年9月28日付の電子版記事によると、ポッカシンガポールの子会社で国際販売を担うポッカインターナショナルのアラン・オングCEOは同月、内部監査の結果、職務停止の処分を受けたという。この処分が、北朝鮮との取引に関連したものかどうかはわかっていない。同氏の妻で女優のビビアン・レイ氏が長年、ポッカシンガポールの広告塔の仕事を契約してきたことから、縁故主義的な不正会計の疑惑を指摘するシンガポールメディアの報道もある。

オングCEOは2017年にNK Newsの取材に対し、2012年にOCNとの取引を止め、北朝鮮向けの輸出をストップしたが、それ以降もTスペシャリストとの取引を継続したことを認めている。そして、そのTスペシャリストがポッカ製品を北朝鮮ではなく、中国に輸出していたと理解していたと述べた。

いずれにせよ、こうしたポッカが関連した対北制裁破りのニュースが2017年以降、特に相次ぐ中、なぜ今もポッカの缶飲料は北朝鮮に流入しているのか。ポッカの販売網やガバナンスはいったいどうなっているのか。特にシンガポールは2017年11月から対北全面禁輸の制裁措置をとっているにもかかわらずである。

冷蔵庫に入っていたポッカ商品。それ以外にも日本ブランドの商品がある(写真:北朝鮮ニュース)

実は前述のシンガポールで製造され、平壌で売られていたマンゴージュースの缶には、「ディストリビューター」(販売業者)の名前としてアラブ首長国連邦(UAE)のナショナル・トレーディング・アンド・デベロッピング・エスタブリッシュメント(NTDE)の名前が記されていた。

これについて、ポッカ日本本社の広報担当者は筆者の取材に対し、このマンゴジュースが「UAE向けの商品」と認めたうえで、UAE向けのポッカの缶飲料が間接的に北朝鮮に輸出されていた事実を認めた。

そのうえで、ポッカシンガポールのポリシーとしては、「北朝鮮への直接の輸出は行わない。間接的に北朝鮮に流れることがわかれば、その取引も行わない」を掲げていることを強調。さらに、「現地ディストリビューターとの取り決めで彼らの販売エリアは限定されています。販売エリア以外への販売を行わないようディストリビューターに対して再度申し入れます」と述べ、NTDEに対し、北朝鮮にポッカ製品が輸出されないよう、強く求める考えを示した。

次ページディストリビューター探し
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT