『もしドラ』編集者の「まずは10万部」の心得

「cakes」CEO加藤貞顕氏に聞く

:いわゆる“ギーク”だったんですか。

加藤:そんなに大したものではないのですが、ギークなコミュニティの端っこにいたという感じですね。当時の知り合いの中には起業する人もけっこういました。だけど、僕自身には起業という選択肢は全然、浮かばなかった。どういうわけか、ビジネスに全然興味がなかったんですよね。それから、やっぱりコンピュータも好きだったのですが、本がもっと好きだったから、仕事をしながら本が読める環境にいたいと思っていました。それで図書館の司書や学者になることも考えました。ところが学者を目指して大学院に行ったら、本当に勉強好きな人ばかりで。自分は勉強には向いてないと痛感しました。じゃあ出版社の編集者かなということで、もともと「アスキー」の雑誌に寄稿もしていたこともあって、アスキーを受けて、無事拾ってもらえたという感じです。

:コンピュータ好きと本好きが両立できる仕事につけたわけですね。実際、入社してみてどうでしたか?

加藤貞顕 株式会社ピースオブケイク代表取締役。1973年新潟県生まれ。大阪大学大学院経済学研究科修了。2000年アスキー(現:アスキー・メディアワークス)入社後、雑誌の編集担当と並行して、英語学習本『英語耳』を手掛ける。2005年ダイヤモンド社に転職。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』をはじめ、ヒット作を次々と生む。退職後、2011年株式会社ピースオブケイクを設立。

加藤:やっぱり会社員って、すごくいろんなことを学べるんですよ。雑誌の編集部に配属されて月刊誌に携わったのですが、それが今も生きています。編集長の指示でやることがいっぱいあるから、とにかく経験が積める。月刊誌だから、毎月挑戦ができて、失敗しても翌月には新しいものが出るから、そんなに尾を引くこともない(笑)。週刊誌とか月刊誌というのは、新人にとって非常にいいトレーニングになると思いますね。

しかも、編集長がすごく厳しい人だったことも、今となってはよかったと思います。とにかく「わかりにくいこと」「人を傷つけること」に対して、すごく敏感な人でした。その2つについては特に細かくチェックされていました。

僕のようなオタクって、人の気持ちがわからないところがあるんですよね(笑)。意識せずに上から目線でもの言ってしまったり。当時の僕には本当に勉強になりました。そのおかげで、僕自身も、人を傷つける表現とか、わかりやすさに対しては、今でもとてもセンシティブですね。今、大河ドラマの「八重の桜」の脚本家の山本むつみさんも上司だったのですが、彼女にもすごく文章を直されましてね。上司たちに厳しく教えてもらったことが、今に生きています。

:この対談で今のところ会社員経験のある方は、全員、最初にしっかり会社勤めをしていて本当によかったっておっしゃいますよ。

会社にいるからこそできるチャレンジ

加藤:そうでしょうね。会社員のよさって、会社にいるからこそできるチャレンジが、けっこうあると思います。僕の場合は、雑誌の編集部にいながら、並行して書籍も作ったことがあるんです。当時、英語の勉強に凝っていて、英語の学習書作らせてくださいって、上司に企画を出して。

:アスキーで英語の本ですか? 加藤さん、もしかして何でも凝るタイプですか? ワインにはまってワインの本を編集したり、飲み歩いて自腹でとんでもない金額を使ってしまったというエピソードも聞いたことがありますが(笑)。

加藤:ワインはやばかったですね。おカネを使いすぎて、一時は破産しそうになりました(笑)。凝るとどこまでものめり込むタイプのようです。

次ページコンピュータの出版社で英語本??
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT