ワインはなぜ、最強のモテアイテムなのか?

ワインと恋愛の深い関係

  世の男は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを、分野別に紹介する。
恋愛においてワインは強力な武器となりうる(写真:AP/アフロ)

人生で最高においしいお酒

高級なお酒というと、多くの方がドンペリとロマネコンティを思い浮かべるのではないでしょうか。では、ここで質問です。どちらのお酒が高いでしょうか?

答え。ロマネコンティのほうが圧倒的に高い。しかも、100倍の差がつくことさえあります。どちらも同じ高級酒に思えますが、値段的には大きな開きがあるのです。

ということで、今回はワインと恋愛をテーマに採り挙げます。秋が深まり食事もお酒もおいしくなるこの季節。ボジョレーヌーボーが解禁になるこの季節に、古来より男女の仲を深めてきたワインの妙薬効果について紹介いたします。読めば必ず気になる彼・彼女との距離が縮まること請け合い。そればかりか、過ぎ去った青春を取り戻すことができるはず。と、大見得切って話を元に戻しますと……。

以前、すごくお世話になった上司が会社を辞めるとき、くだんのドンペリを進呈したことがあります。すると、「妻が朝から張り切って料理を用意して、久しぶりに家族全員そろって食事をしました。人生で最高においしいお酒を飲みました」と、ご丁寧なお礼状がきて、大感謝されたことがあります。

“人生で最高に”といっても1万円程度。それでこれだけの反応を引き出せるのですから、ある種の魔術的な妙薬効果があるわけです。これを恋愛に応用しない手はありません。とっておきの彼女とのデートで、ここぞという時にドンペリを使ってみてください。大感謝されることでしょう。ただし、ワイン好きの女性は除く、ですが。

ではここで、再びみなさんに質問です。男性が詳しいと女性に喜ばれるが、女性が詳しいと男性から敬遠されるものは何でしょうか?

答えは、言うまでもなく(?)「ワイン」です。

これは、ある婚活サービスの代表の人から聞いた話です。納得感のある話ではないでしょうか。

次ページすっごいアピールポイント
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。