ワインはなぜ、最強のモテアイテムなのか?

ワインと恋愛の深い関係

カルチャースクールが狙い目

私は40歳を過ぎてから、いろいろなカルチャースクールに通いました。 ワイン、オペラ、本の企画書作り、個人貿易、イメージコンサルタント。これらに通っていちばんよかったことは、「大人の青春」を楽しめたということです。

利害関係がない人との付き合いは、社会に出るとなかなかできないものです。また、いろいろな年代、さまざまな職業の人と知り合う機会も、そうそうないものです。

しかし、カルチャースクールにはそれがあるのです。そこで知り合ったクラスメートたちとあだ名で呼び合って、同じ目標に向かって一緒に頑張って、テストの成績に一喜一憂し、お互い励まし合う。仲良くなったら、テニスをしたり、飲み会をしたり、温泉に行ったりして……。まるで学生です。はるか昔に過ぎ去ったはずの学生気分を再び満喫することができたのです。

新しい知識や技術が身に付いた。魅力的な女性と出会えた。それに加えて、新しい人間関係が広がって、気のおけない友達がたくさんできて、そして失ったはずの青春をもう一度、謳歌できたのです。

若いエネルギーをギラギラ燃やす青春もいいですが、大人の穏やかな青春もいいものです。二兎を追うものは三兎を得る。みなさんもカルチャースクールで大人の青春を楽しみましょう。

それでは最後に、時節柄、旬のワインということで、ボジョレーヌーボーのほとんど知られていない実態に触れたいと思います。

次ページワインの豆知識
関連記事
トピックボードAD
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。