ワインはなぜ、最強のモテアイテムなのか?

ワインと恋愛の深い関係

カルチャースクールが狙い目

私は40歳を過ぎてから、いろいろなカルチャースクールに通いました。 ワイン、オペラ、本の企画書作り、個人貿易、イメージコンサルタント。これらに通っていちばんよかったことは、「大人の青春」を楽しめたということです。

利害関係がない人との付き合いは、社会に出るとなかなかできないものです。また、いろいろな年代、さまざまな職業の人と知り合う機会も、そうそうないものです。

しかし、カルチャースクールにはそれがあるのです。そこで知り合ったクラスメートたちとあだ名で呼び合って、同じ目標に向かって一緒に頑張って、テストの成績に一喜一憂し、お互い励まし合う。仲良くなったら、テニスをしたり、飲み会をしたり、温泉に行ったりして……。まるで学生です。はるか昔に過ぎ去ったはずの学生気分を再び満喫することができたのです。

新しい知識や技術が身に付いた。魅力的な女性と出会えた。それに加えて、新しい人間関係が広がって、気のおけない友達がたくさんできて、そして失ったはずの青春をもう一度、謳歌できたのです。

若いエネルギーをギラギラ燃やす青春もいいですが、大人の穏やかな青春もいいものです。二兎を追うものは三兎を得る。みなさんもカルチャースクールで大人の青春を楽しみましょう。

それでは最後に、時節柄、旬のワインということで、ボジョレーヌーボーのほとんど知られていない実態に触れたいと思います。

次ページワインの豆知識
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング