ワインに続け!美味な牛肉を売りこむフランス

対日輸出解禁でじわり攻勢、欧州農業大国の実力は?

パリから南へ約400キロメートル。仏オーヴェルニュ地方の畜産は重要な産業だ

パリから南へ約400キロメートル離れたオーヴェルニュ地方には、標高1000メートルを超す山々が連なる。全体の7割を占める山岳地帯には牧草を食むウシの姿が目立つ。畜産は地元経済を支える重要な産業だ。南西部のカンタル県が原産のチーズ、「カンタル」は「ロックフォール」とともに「フランス最古のチーズ」として、世界に広くその名を知られている。

牛肉の生産、消費ではEU首位を誇るフランス

左から3人目がファーブルさん。同2人目がマチュウさん

フランスにある11の肉用種のひとつ、「サレール種」の子牛供給業者のジャン=マリ・ファーブル氏は、海抜1300~1450メートルの広さ70ヘクタールの牧草地帯で110頭の子牛を飼育する。ファーブル氏が近づいて掛け声を発したとたん、牛が集団で移動を始めた。「それぞれに名前が付いており、性格も把握している」(同氏)。

冬の間は雪に閉ざされているため、放牧ができるのは4~9月までの半年間だ。110頭のうち、雌牛は子牛を産ませるために育てる繁殖牛。雄牛は国内で食べる習慣があまりないため、多くをイタリアへ輸出しているという。

次ページ日本への輸出に力を入れるフランス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。