川上量生「ビジネスはネトゲよりも簡単だ」

よくできたゲームのほうがずっと難しい

「ビジネスはゲームよりも簡単」と語る川上量生氏(撮影:尾形文繁)  
ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏と、インターネット上で角川ドワンゴ学園N高等学校を立ち上げた川上量生氏。前回の記事(生徒全員を救う事を目指さない「N高」の戦略)に続き、ビジネスに関する川上氏の持論から、VR(拡張現実)の発展、さらに子どもの話へと2人の話題は広がっていった。

エゴサーチより数学ボットに没頭する

吉田:実は僕、少し前に『没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術』という本を出したんですが、そこでは何かに「没頭」することが、生きづらさを楽にする秘訣なんじゃないかということを書いたんです。川上さんは普段、何か没頭することってありますか?

川上:僕は今、数学がすごく好きで、数学にまつわる本をいろいろ読んでいるんです。ただ、暇なときにその本を読むか、エゴサーチするかという選択があった場合、どうしてもエゴサーチを選んでしまっていたんですよね。もちろんエゴサーチが本当に好きかと言われたら、別に好きじゃないんですよ(笑)。

吉田:するんですね、エゴサーチ。

川上:好きじゃないし、楽しくもないし、情報として有意義なものがあるわけでもない。時間の使い方として最低だと思うんですが、何かのゾーンにはまってしまうというのか、やめられないんですよね。

そこで発見したライフハックがあるんですが、僕、ツイッターで5つくらい数学ボットをフォローしているので、ツイッターを開いたときに最初に目に入るのが、何らかの数学の定義なんですよ。そうするとそれについて考え始めて、エゴサーチしようという気分はどこかへ行ってしまう。

吉田:わかる。すごくわかります! 没頭する環境作りですね。

川上:これって超重要だなと思うんです。人間ってどうしても易きに流れるというか、たとえ本当にやりたいことでも目的を持って何かに没頭するのって根本的に難しい。だからこそ、生理的にその方向へ持って行くことが重要なんだなと。

次ページゾーンに入る=没頭すること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT