60歳「生涯一女ロッカー」のブレない生き様

ジョーン・ジェットはやっぱりカッコいい

自身の40年以上の音楽人生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation』を公開するザ・ブラックハーツのボーカル兼ギタリスト、ジョーン・ジェット。革ジャンがトレードマークだが、実はフェイクレザーだ(写真:Caroline Tompkins/The New York Times)

ジョーン・ジェットはやり続けてきた──それが、40年以上に及ぶ彼女の音楽人生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation』(原題)のメッセージの1つだ。最初はザ・ランナウェイズの創立メンバーとして1970年代にティーンの女性ロッカーとして大きな影響力を持ち、その後はザ・ブラックハーツのボーカル兼ギタリストとして現在も活動を続けている。

彼女の原動力は、結果がどうあれ音楽を続けることだった。女性がまともに相手にされなかったときでさえ、彼女は屈しなかった。

着ているのはフェイクの革ジャン

「私にしてみれば、それがすべてだった」と、ロックミュージシャンであることについてジェットは言う。「若い時からそれがわかっていたと思う。私にはプランBはなかった」。

猛々しさや反骨心が薄れたことはない。60歳になった今でも黒のレザーに身を包み、アイラインは目尻からはね上げて引いている。ステージに立っていないときもだ。

レザーはフェイク。ジェットは長年にわたる動物愛護家だ。レザーのおかげで比喩的に、そして文字どおり熱くなる。「ステージでは汗をかくでしょう」とジェット。「それを放り投げるの! それが好きなのよ」。

ブラックハーツは10月19日に全米ツアーをミシガン州で再開し、来年にはオーストラリアのツアーが控えている。

9月28日に公開され、オンデマンドでの配信も開始したドキュメンタリー映画は、あまり知られていないジェットの側面も明らかにしている。彼女のマネジャーとプロデューサーを長年務めているケニー・ラグナとの関係だ。1960年代にバブルガムミュージックで名を上げたラグナは、妻のメリルの勧めもあり、ブラックハーツの立ち上げを支えた。作品中でラグナは、自身がポップをもたらし、ジェットが「脅威をもたらした」と語っている。

次ページなぜドキュメンタリーを撮る気に?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。