60歳「生涯一女ロッカー」のブレない生き様

ジョーン・ジェットはやっぱりカッコいい

自身の40年以上の音楽人生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation』を公開するザ・ブラックハーツのボーカル兼ギタリスト、ジョーン・ジェット。革ジャンがトレードマークだが、実はフェイクレザーだ(写真:Caroline Tompkins/The New York Times)

ジョーン・ジェットはやり続けてきた──それが、40年以上に及ぶ彼女の音楽人生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation』(原題)のメッセージの1つだ。最初はザ・ランナウェイズの創立メンバーとして1970年代にティーンの女性ロッカーとして大きな影響力を持ち、その後はザ・ブラックハーツのボーカル兼ギタリストとして現在も活動を続けている。

彼女の原動力は、結果がどうあれ音楽を続けることだった。女性がまともに相手にされなかったときでさえ、彼女は屈しなかった。

着ているのはフェイクの革ジャン

「私にしてみれば、それがすべてだった」と、ロックミュージシャンであることについてジェットは言う。「若い時からそれがわかっていたと思う。私にはプランBはなかった」。

猛々しさや反骨心が薄れたことはない。60歳になった今でも黒のレザーに身を包み、アイラインは目尻からはね上げて引いている。ステージに立っていないときもだ。

レザーはフェイク。ジェットは長年にわたる動物愛護家だ。レザーのおかげで比喩的に、そして文字どおり熱くなる。「ステージでは汗をかくでしょう」とジェット。「それを放り投げるの! それが好きなのよ」。

ブラックハーツは10月19日に全米ツアーをミシガン州で再開し、来年にはオーストラリアのツアーが控えている。

9月28日に公開され、オンデマンドでの配信も開始したドキュメンタリー映画は、あまり知られていないジェットの側面も明らかにしている。彼女のマネジャーとプロデューサーを長年務めているケニー・ラグナとの関係だ。1960年代にバブルガムミュージックで名を上げたラグナは、妻のメリルの勧めもあり、ブラックハーツの立ち上げを支えた。作品中でラグナは、自身がポップをもたらし、ジェットが「脅威をもたらした」と語っている。

次ページなぜドキュメンタリーを撮る気に?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT