60歳「生涯一女ロッカー」のブレない生き様

ジョーン・ジェットはやっぱりカッコいい

自身の40年以上の音楽人生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation』を公開するザ・ブラックハーツのボーカル兼ギタリスト、ジョーン・ジェット。革ジャンがトレードマークだが、実はフェイクレザーだ(写真:Caroline Tompkins/The New York Times)

ジョーン・ジェットはやり続けてきた──それが、40年以上に及ぶ彼女の音楽人生を描いたドキュメンタリー映画『Bad Reputation』(原題)のメッセージの1つだ。最初はザ・ランナウェイズの創立メンバーとして1970年代にティーンの女性ロッカーとして大きな影響力を持ち、その後はザ・ブラックハーツのボーカル兼ギタリストとして現在も活動を続けている。

彼女の原動力は、結果がどうあれ音楽を続けることだった。女性がまともに相手にされなかったときでさえ、彼女は屈しなかった。

着ているのはフェイクの革ジャン

「私にしてみれば、それがすべてだった」と、ロックミュージシャンであることについてジェットは言う。「若い時からそれがわかっていたと思う。私にはプランBはなかった」。

猛々しさや反骨心が薄れたことはない。60歳になった今でも黒のレザーに身を包み、アイラインは目尻からはね上げて引いている。ステージに立っていないときもだ。

レザーはフェイク。ジェットは長年にわたる動物愛護家だ。レザーのおかげで比喩的に、そして文字どおり熱くなる。「ステージでは汗をかくでしょう」とジェット。「それを放り投げるの! それが好きなのよ」。

ブラックハーツは10月19日に全米ツアーをミシガン州で再開し、来年にはオーストラリアのツアーが控えている。

9月28日に公開され、オンデマンドでの配信も開始したドキュメンタリー映画は、あまり知られていないジェットの側面も明らかにしている。彼女のマネジャーとプロデューサーを長年務めているケニー・ラグナとの関係だ。1960年代にバブルガムミュージックで名を上げたラグナは、妻のメリルの勧めもあり、ブラックハーツの立ち上げを支えた。作品中でラグナは、自身がポップをもたらし、ジェットが「脅威をもたらした」と語っている。

次ページなぜドキュメンタリーを撮る気に?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT