もはや産業!「アバの解散後ビジネス」の秘密

解散から35年たってなお盛り上がる

アバの音楽はなぜ、世界中で愛され続けているのだろうか(写真:筆者提供)

1970年代にキャッチーなメロディと美しいハーモニーで、世界中を魅了したスウェーデン発の男女4人組ポップグループ「アバ」。1982年に活動を休止してからすでに35年が経過しているが、 アバは現役で活動していたときより、解散してからのほうがビジネスとして拡大していることをご存じだろうか。

2010年、ユニバーサル・ミュージックはアバに対して3億7500万のレコードセールスを記録したという賞を与えた。これはビートルズ、エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソンに次ぐ数字だ。

1992年にリリースされたベスト・アルバム『アバ・ゴールド』は、イギリスのアルバム・チャートでトップ100入りがなんと807週にも上る(2017年10月20日付)。これは男性4人組ロックバンド、クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』(795週)より長い期間で、歴代1位だ。

「スウェーデンでは、VOLVO、エリクソン、H&M、IKEAといったブランドが有名ですが、アバもそのブランド産業のひとつだと思います」

友人のスウェーデン人はそう胸を張って話した。

アバの「解散後ビジネス」に学ぶ、4回連載の第1回目です

1978年の時点で、アバはスウェーデンで最も急成長を遂げた「産業」となり、年間総収入は1600万ドル(当時のレート、1ドル=195円で約30億円)で、VOLVOよりも外貨を稼いでいたとも話題になった。そのアバが現在でも「産業」であるとは、いったいどういうことか。

筆者はスウェーデンで取材し、その手法に今後のポップ・ミュージック・ビジネスの新しいヒントを見た。そこでこの連載では4回にわたり、アバのビジネスを検証していく。

人気は健在で、再結成のオファーもあったが…

アバの人気は今なお健在だ。これまで何度も再結成のオファーを受けており、2000年には「100日間の世界ツアーを行えば、10億ドル(約1100億円)を提供する」というオファーを受けたこともある。メンバーは拒否したが、これは小国の国家予算に匹敵するほどの金額だ。

そのアバがついに再結成する。とはいうものの、本当の再結成ではなく、最新技術を駆使したバーチャル・リアリティ・ツアーを2019年に行うと発表したのだ。

そのライブは、仮想現実(バーチャルリアリティ)と人工知能(AI / Artificial Intelligence)によるもので、世界初、これまでに想像もできなかった新しい形のエンターテインメントやコンテンツになるという。

次ページスウェーデンのポップミュージックの歴史は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。