現金不可!スウェーデンの驚くべき決済実情

外でトイレに入るのにも一苦労

連載最終回は、スウェーデンの驚くべきキャッシュレス社会についてです(写真:筆者撮影)

「『マンマ・ミーア!ザ・パーティ』は本当に素晴らしいから、絶対に見てください。私も明日行くので会いましょう」

アバの解散後ビジネスを支える立役者、「アバ・ザ・ミュージアム」の館長、イングマリーさんに勧められた話題のエンターテインメント・ショー、「マンマ・ミーア!ザ・パーティ」の様子は前回記事でレポートした。

チケットはインターネット決済でしか受け付けない

この連載の一覧はこちら

筆者が驚いたのはチケットの予約方法だ。会場の窓口では買うことができない。現金も使えず、インターネット決済でしか受け付けない。当日券を買うようなものだから、直接窓口に並んで買えるだろうと思い、ホテルのレセプションで聞いたのだが、答えは同じだった。空港で両替したスウェーデン・クローネのお札を使う機会がまったくないのだ。

実はアバの元メンバー、ビョルン・ウルヴァース氏もキャッシュレス社会をずっと提唱、推進している1人だ。

「キャッシュは犯罪の主な原因であり、キャッシュがなくなって困るのはブラックマーケットだけで、また、キャッシュがなくて困るのはスーパーマーケットでカートを借りる時だけだ」

彼は以前、インタビューでそう語っていた。アバ・ザ・ミュージアムは、2013年5月のオープニング以来、ずっとキャッシュレスで経営しており、入口やグッズ売り場のレジ前には「A CASHLESS MUSEUM(キャッシュレス・ミュージアム)」と書かれている。

「これは初めからビョルンのアイデアでした。現金はもう時代遅れだからです。クレジットカードが使えれば、盗難防止にもなりますしね。それにキャッシュは何千人もが触っていて、不衛生じゃないですか(笑)」

イングマリーさんは筆者のインタビューに、冗談交じりに笑いながら語った。

次ページキャッシュレスを提唱する理由は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。