誤解されがちな「大災害が経済に及ぼす影響」

GDPだけを見ていてはわからない

北海道胆振東部地震では大きな被害が出た。写真は北海道厚真町で救出活動に当たる陸上自衛隊員(写真:ロイター)

最近の日本は自然災害が続き、各地で大きな被害が出ている。9月初めの北海道胆振(いぶり)東部地震では、一時は北海道全体が停電するという、深刻な事態に陥った。大きなできごとについては、「それが経済にどの程度の影響を与えるのか」という関心が高まる。イベントのプラスの経済効果については、以前このコラムで扱ったことがある(「東京五輪とTPP、同じ3兆円効果でも中身は別」)。今回は災害というマイナスの経済効果について見てみよう。

この連載の過去記事はこちら

オリンピック・パラリンピックのような国際的なイベントは、海外からの観光客の増加などによって日本国内の経済活動を活発にさせる。

だが、地震や風水害など大規模な自然災害が起きて、交通が寸断され、電気・ガス・水の供給が広い地域で困難になれば、多くの人たちは普段どおりの生活ができなくなる。また、工場の生産は止まり、商店の営業もできなくなるなど、経済活動が混乱するので、直感的にはその総合的な指標であるGDP(国内総生産)に大きなマイナスの影響が出るように思える。

GDPでは負の影響は大きく見えない

ところが、日本のバブル景気の崩壊、あるいは、リーマン・ショックのような海外発の金融危機でも、経済統計データで日本経済への影響がはっきり確認できるが、大災害の影響を見つけ出すのは意外に難しい。年ベースの実質経済成長率のグラフを見てみよう。「これが大震災が起きた年だ」と指摘することは、予め大震災の起きた年を知っていなければまずできない。

たとえば阪神淡路大震災のあった1995年の実質経済成長率は2.7%で1994年の1.0%からむしろ加速している。東日本大震災のあった2011年はマイナス0.1%とマイナス成長に陥ったが、2010年が4.2%という高い成長であったことの反動もあるのだ。

一方、1998年や2001~02年の経済成長の落ち込みは、説明を見なくても、グラフだけで日本経済に何か外的なショックが加わったことを疑いたくなるだろう。実際、これらの時期は日本の増税・金融危機、米国のITバブル崩壊といった、大きな経済ショックがあった時期だ。

次ページ鉱工業生産ではどう動くか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。