生産量が減っても、経済成長はできる

知ってるつもり!?読んでナットク 経済学「キホンのき」

 野菜で、経済成長を考えてみよう(都内のイトーヨーカドー;撮影:今井 康一)

 

この連載の一覧はこちら

経済成長に生産性の向上が重要であることは、多くの人が認識している。しかし、「生産性の向上」の意味が誤解されていることも多い。「サービス業では経済発展は難しい」という思い込みも、こうした誤解から生まれている。

生産性の向上の例としては、より進んだ技術を使ったり、最新式の設備を投入したりすることで、製品の生産量を増やすことや、生産費用を引き下げることがすぐに思い浮ぶ。このため科学技術の研究開発が強調されるのだが、量的な拡大に目を奪われると、経済を誤った方向に進めてしまう恐れがある。むしろ旧式な技術に戻って生産量が減少することにより、経済成長が実現することもあるのだ。

次ページ技術的には最初の状態に戻ったのにGDPが増える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。