生産量が減っても、経済成長はできる

知ってるつもり!?読んでナットク 経済学「キホンのき」

 野菜で、経済成長を考えてみよう(都内のイトーヨーカドー;撮影:今井 康一)

 

この連載の一覧はこちら

経済成長に生産性の向上が重要であることは、多くの人が認識している。しかし、「生産性の向上」の意味が誤解されていることも多い。「サービス業では経済発展は難しい」という思い込みも、こうした誤解から生まれている。

生産性の向上の例としては、より進んだ技術を使ったり、最新式の設備を投入したりすることで、製品の生産量を増やすことや、生産費用を引き下げることがすぐに思い浮ぶ。このため科学技術の研究開発が強調されるのだが、量的な拡大に目を奪われると、経済を誤った方向に進めてしまう恐れがある。むしろ旧式な技術に戻って生産量が減少することにより、経済成長が実現することもあるのだ。

次ページ技術的には最初の状態に戻ったのにGDPが増える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。