団塊世代が引退したら、日本は変わるのか?

藤原和博(その7)

過去10年、日本の仕事をめぐる状況は様変わりした。
『10年後に食える仕事 食えない仕事』。仕事の未来をマトリックスで4分類している。
インド、中国では毎年数百万人単位でハングリーな大卒者が誕生。また、ネット・通信環境が 大きく改善したことで、定型業務やIT開発を新興国へアウトソーシングできるようになった。仕事の枠を日本人同士で争っていればよい、という時代は終わった。さらに、人口減少に伴う国内マーケットの縮小も追い打ちをかけている。
これから日本の仕事はどう変わるのか? 10年後にも食えるのはどんな仕事なのか。当連載では、ベストセラー10年後に食える仕事 食えない仕事の著者であるジャーナリストの渡邉正裕氏が、仕事のプロたちとともに、仕事の未来像を探っていく。

(司会・構成:佐々木紀彦)

【対談(その6)はこちら

――前回は、「成熟社会でも食える4つのエリア」というテーマで対談していただき、「今後は、介護・福祉、教育、住宅、宗教のエリアが有望」という話になりました。ただ、未だに有名企業志向の強い日本で、こうした業界を目指す人間は増えていくのでしょうか。

渡邉:やっぱり大企業から内定もらった人が、友達、親戚一同から、評価されるみたいなのが現状ですからね。

藤原:「財閥系に決まりました」みたいな。お父さんも娘の結婚式が終わるまでは、その肩書きを残してもらうために、ブランド名が冠された関連会社に行きたがるでしょう。日本の財閥好きは本当にすごい。日本で財閥が解体したというのは、嘘だよね。歴史の本には「財閥解体」と書いてあるけれど、実際は全然そうなっていない。

渡邉:とくに団塊の世代は、そういう価値観に完全に染まっている。それが変わることはないと思う。団塊の世代はあと20年くらい生きるので、それまで日本は、今の価値観から変われないんじゃないですか。

藤原:団塊の世代(1947〜49年生まれ)は約800万人いて、その配偶者や前後の世代も合わせると、1000万人ぐらいになる。その人たちがあと2年で65歳以上になるでしょう。この1000万人の人たちが、第二の人生をどうすごすかは、ものすごい変化をもたらすんですよ。その変化の中身について私はまだ予言していないんだけど、渡邉さんはどうなると思う?

渡邉:彼らは年金を十分にもらえる世代で、勝ち逃げしている。だから、趣味をやったり、一日のんびり過ごしたり、これまでと変わらず生きていくんじゃないですか。

藤原:私の父親は、団塊世代の上の世代。その世代は、ある程度おカネを持っていても、この10年くらい、ほとんど使ってないんですよ。どこか旅行に行くのも面倒くさくて、孫が行くと言えば付いて行くといった感じ。自分のためにおカネを使わないんですよ。団塊の世代はどう? おカネ使う?

渡邉:使わないですよ。おカネを持っていないと、子どもから見放されるという恐怖心があるんじゃないですか。おそらく墓場まで貯金を持っていくでしょう。

次ページ団塊世代はやっぱり変わらない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。