夫婦生活は「間取り」次第で豊かになる

1級建築士が教えるマンションでの防音対策

これが理想のセックスレスにならない間取り。

(イラスト:レタスクラブ)

【主寝室】
●防音カーテンでさらに安心

マンションなどの場合、寝室の窓が外廊下に面していることも。なるべく厚く重いカーテンを掛けるとよい。

●給気口から音が漏れる!?
各部屋に必ずある給気口も、音漏れの危険はなきにしもあらず。常時閉じるのは×なので、行為中だけ閉じ、終わったらあけること。

●寝室と子ども部屋の間に家具orクローゼット
隣どうしの部屋の場合、壁の前に背の高い家具を置くことで、音漏れを改善できる。両方の部屋に家具を置き、壁を挟めば、かなり安心。

●寝室のドアは引き戸NG
ドアもタイプによって音漏れの度合いは異なるそう。引き戸タイプは漏れやすいので、開き戸がベター。

キッチンやリビングも“間取り改革”で解消

【キッチン】
●家事は楽して夫婦円満

家事が楽になれば、心と時間に余裕が生まれ、夫婦の時間も確保できます。夫婦円満のため、収納や洗濯動線を見直し、時短家電を活用しても◎。

【リビング】
●二人でイチャイチャできる場所を…

子どもが寝ている横では無理! そんなときはソファーを活用。少し広めのものなら心地よくプレイが可能。

子どもや同居している両親に声が聞こえないように、気づかれないように、と気をつかうのに疲れてだんだんセックスレスになっているなら、ちょっとした“間取り改革”で解消を。意外と冷めていた夫婦間の空気が温かくなるかもしれません。

(取材・文/河野友紀 イラスト/おぐらなおみ)

アルテイシア
作家。広告会社勤務を経て、『59番目のプロポーズ』で作家デビュー。以降セックスや性にまつわる著書を多数執筆。代表作に『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』(小社刊)が。
杉山 崇(すぎやま たかし​)
臨床心理士、神奈川大学人間科学部教授、心理相談センター所長。夫婦関係における心理の研究も。著書に『心理学者・脳科学者が子育てでしていること、していないこと』(主婦の友社)ほか。
船渡 亮(ふなと あきら
一級建築士、家づくりコンサルタント。著書に三上かすみ氏と共著の 電子書籍『セックスレスにならない間取り』(amazon kindle)。公式サイトは、かえるけんちく相談所
毎日が発見ネットの関連記事
夫が言う「コーヒーでも貰おうかな」が不快だという意見に賛否の声
パートナーが求める「ご褒美」、分かってる? 調査で見えた男女の違い
「定年後の夫との寂しい日々」立木ミサの夫婦の相談室
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。