夫婦生活は「間取り」次第で豊かになる

1級建築士が教えるマンションでの防音対策

いつまでも夫婦円満でいるコツは?(写真:さわだゆたか/PIXTA)
いつもは家事ネタが多い『レタスクラブ』が殻を破って、9月号で夫婦生活について取り上げ、大きな話題になっています。お隣の事情はやはり気になるもの。レタスクラブニュース会員224人が回答したアンケート結果から見えてきたイマドキ夫婦のセックスライフを、識者の分析とともに大公開します。

セックスの頻度を教えてください

トータルで51%が現役! その反面、半数近くが“ほぼしてない”ということに。

アンケート「セックスの頻度を教えてください」(イラスト:レタスクラブ)

この結果を見た作家のアルテイシアさんは、「このくらいの数字だと思いました」とコメント。「頻度が低い一番の理由は、家事と育児と仕事に全力投球したら、体力的にも時間的にもセックスする余裕がない、ということでしょう。日本は女性も男性も、忙しすぎる!」。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

セックスは好き?

好きでも嫌いでもない、が半数以上を占める結果に。これについて臨床心理士の杉山 崇さんは「欧米人はスポーツ感覚になることもあるようですが、日本人はなかなかそう楽しめないことも多い」と解説。

次ページ性生活には満足していますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。