ゴルフで「飛距離」を縮める、間違った習慣3つ

何歳からでも「自己ベスト」は更新できる

ちょっとしたコツをつかめば300ヤードの飛距離も可能に!?(写真:PeopleImages / iStock)  
ゴルフで飛距離アップの「常識」や「基本」と言われているものはたくさんあります。ただ、それらの通りにスイングして、ヘッドスピードが格段に上がった経験はありますか? 飛距離は30ヤード以上伸びたでしょうか?
本稿では、『300ヤードは可能です!』から抜粋し、間違ったゴルフの常識と、飛距離を伸ばすための正しい知識を紹介します。

間違い1:スタンスは肩幅より広く、足を踏ん張る

ゴルフの基本はアドレスにあります。アドレスをきちんととることが、ゴルフ上達のカギを握っていると言ってもいいでしょう。

ほとんどのレッスンでは、「ドライバーのスタンスは、肩幅よりやや広めにとり、重心を下げるようにして、足を踏ん張りなさい。下半身を安定させるのです」と教えられます。

なかには、「足の指で大地をギュッとつかむようにして固めなさい」という教え方もあります。

しかし、下半身を安定させたいのはなぜなのでしょうか?

これはスイングを横に振るという発想から生じる問題で、横に振ったときの反動で、身体が動いたりずれたりしないようにするためのものです。

ところが、力いっぱい踏ん張って、重心を落として下半身がガチガチに固まっている状態からクラブを上げようとすると、当然上半身にも力が入りますからスムーズさを欠き、ヘッドスピードも上がらないのです。

どんなスポーツでも、今から動くという前に踏ん張ったりしません。スピードに対してパフォーマンスダウンを招くからです。武術では「居つく」といわれ、すでに負けたことを意味する状態です。

(画像:『300ヤードは可能です!』より抜粋)
次ページ重心を高くすると、安定した状態になる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT