ゴルフで「飛距離」を縮める、間違った習慣3つ

何歳からでも「自己ベスト」は更新できる

ちょっとしたコツをつかめば300ヤードの飛距離も可能に!?(写真:PeopleImages / iStock)  
ゴルフで飛距離アップの「常識」や「基本」と言われているものはたくさんあります。ただ、それらの通りにスイングして、ヘッドスピードが格段に上がった経験はありますか? 飛距離は30ヤード以上伸びたでしょうか?
本稿では、『300ヤードは可能です!』から抜粋し、間違ったゴルフの常識と、飛距離を伸ばすための正しい知識を紹介します。

間違い1:スタンスは肩幅より広く、足を踏ん張る

ゴルフの基本はアドレスにあります。アドレスをきちんととることが、ゴルフ上達のカギを握っていると言ってもいいでしょう。

ほとんどのレッスンでは、「ドライバーのスタンスは、肩幅よりやや広めにとり、重心を下げるようにして、足を踏ん張りなさい。下半身を安定させるのです」と教えられます。

なかには、「足の指で大地をギュッとつかむようにして固めなさい」という教え方もあります。

しかし、下半身を安定させたいのはなぜなのでしょうか?

これはスイングを横に振るという発想から生じる問題で、横に振ったときの反動で、身体が動いたりずれたりしないようにするためのものです。

ところが、力いっぱい踏ん張って、重心を落として下半身がガチガチに固まっている状態からクラブを上げようとすると、当然上半身にも力が入りますからスムーズさを欠き、ヘッドスピードも上がらないのです。

どんなスポーツでも、今から動くという前に踏ん張ったりしません。スピードに対してパフォーマンスダウンを招くからです。武術では「居つく」といわれ、すでに負けたことを意味する状態です。

(画像:『300ヤードは可能です!』より抜粋)
次ページ重心を高くすると、安定した状態になる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT