ゴルフの新プレー「ワンオンゴルフ」とは何か

ゴルフ人口を増やしたい「危機感の表れ」も

ゴルフの新しいプレー方法が、活性化策となるのでしょうか(写真:okimo / PIXTA)

最近、新しいゴルフのプレースタイルが提案されているのをご存じだろうか。主に、ゴルフを始めたい人、始めたばかりの人に「優しい」ことと、ゲーム、遊びとして楽しめるのが特徴でもある。

4月24日、「ワンオンゴルフ」という新プレー方法の会見に行ってみた。ワンオンというのは、プレーするホールで第1打をグリーンに乗せたときに使われる言葉だ。それが新しいゴルフのプレー方法だという。一般社団法人ワンオンゴルフ協会が開いた会見だった。

プレー方法の内容を簡単に言うと、既存のゴルフ場でショートホール(パー3)はそのままプレーし、ミドルホール(パー4)のホールは普通に打てば第2打地点となるところに専用のティーを設定し、そこからグリーンを狙う。ロングホール(パー5)では、第1打、第2打を普通に打ったとして、第3打地点に同様に専用のティーを設定し、そこからグリーンを狙う。なので、すべてのホールをティーショットでグリーンを狙うように設定し、基準打数のパーは「3」ということになる。このプレー方法は「Game54」と命名されている。

プレー方法に特許出願したのは世界初

これならパー3だけで18ホールある既存のショートコースと変わりないのではないか、というと、違うのだという。このプレー方法を特許出願しているからでもある。同協会によると、プレー方法で特許出願したのは世界初だという。

体力や飛距離に依存しないゲーム性の高いプレーができるという(写真:一般社団法人ワンオンゴルフ協会)

ショートコースとして造られたコースはグリーンが小さく、バンカーなどハザードも少ない。距離的にもクラブの種類をそんなに必要としない場合が多い。

既存のコースの大きなグリーンを使い、専用ティーの距離設定によって「すべてのクラブを使うようにする」(同協会)と、既存のショートコースとの違いを挙げている。

同協会は、ゴルフ場もプレーヤーも新たな「投資」が必要なく、ゲームとしての面白さはそのままで、高齢者や子どもたち、ゴルフ初心者でも気軽にゴルフを楽しめるとしている。

ゴルフ界はゴルフ人口が年々減り、ゴルフ場や用品業界の売り上げも縮小しつつあるのは承知のとおり。なんとか、ゴルフ人口を増やそう、高齢者はもとよりゴルフを始めている人のゴルフリタイアを防ごう、というのがゴルフ界の最大のテーマでもある。そこにこのワンオンゴルフが提案されたことになる。

次ページゴルフのハードルを低くするための取り組み
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。