東大「野球だけじゃない」ゴルフ部快挙の理由

卒業時にスコア70台目標、大学ゴルフの効用

8月29日(火)、30日(水)に富士カントリークラブ(CC)で行われた平成29年度関東男子秋季Dブロック対抗戦で優勝、Cブロックへ昇格が決まった。盾を持っているのが井上監督(写真:東京大学ゴルフ部)

東京六大学野球で、東大が法大から勝ち点を上げた。スポーツ新聞だけではなく、一般紙でも大きく報道されていたので、ご存じの方も多いだろう。記事によると、対戦相手に2勝すると得られる勝ち点を挙げたのが15年ぶり、連勝による勝ち点は20年ぶりで、法大から連勝での勝ち点は実に89年ぶりという。騒ぎになるのも無理はない。

今年の東大には宮台康平という好投手がいて、プロ野球志望届も出している。東大卒のプロ野球選手が誕生するかもしれない。こちらも野球ファンには見逃せない話題だろう。

東大ゴルフ部は男女ともに快挙を成し遂げた

運動部が所属する東大運動会の中で、硬式野球部に負けないぐらいの「快挙」を成し遂げたのが、実はゴルフ部だ。関東学生ゴルフ連盟の主催する関東大学プロック対抗戦Dブロックの秋季大会で東大ゴルフ部が男女ともに優勝した。来年春季は1つ上のCブロックに昇格する。男子は7年ぶり、女子は初めてになる。

関東学生ゴルフ連盟のHPなどによると、連盟の発足は1935年(昭和10年)で、慶大、早大、明大を設立発起校に、法大の4大学が加盟して創立した。現在は男女合わせて団体加盟 59大学、個人加盟6大学。団体戦がメインで、男子は成績に応じてA~Fブロック、女子はA~Dブロックに分かれて、春と秋に対抗戦を行い、成績によってブロックを上がったり下がったりする。

次ページAブロックには日大など強豪がひしめく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。