ゴルフの「1人予約」がじわり盛り上がる事情

知らない人同士でプレーする新しい経験に

知らない人同士でも楽しめるゴルフの「1人予約」が広がりはじめているようです(写真:Fast&Slow / PIXTA)

殺人的な猛暑が続いている。「こんな時期のゴルフに行くのは自殺行為だぞ」と言われながらも、ゴルフ場に行っている方も多いだろう。くれぐれも熱中症に気を付けたい。

ただ、ゴルフをやりたくても自分の他に仲間がいなければ行けない。ゴルフ場の会員権を持っていれば、フラッと行って空いている組に入ったり、1人で来た会員同士で回ったりということもできる。ゴルフ場のメンバーの権利でもある。

いま、徐々に人気が高まっているのが、会員権を持たなくても1人でゴルフ場に行って、知らない人同士で回る「1人予約」。ご存知の方もいるだろう。

インターネットで検索していたら、日本最大級のゴルフ場運営会社、パシフィックゴルフマネージメント(株)(以下PGM)が8月1日から9月30日まで1人予約でプレーした人にTポイント60万ポイント(8、9月1カ月ごと)を山分けするという特典があった。1人予約に力をいれているようだ。

いつもの仲間の都合がつかなくてもプレー可能

1人予約とは、ゴルフをやりたいが仲間の都合がつかないがゆえに人が集まらなくても、行きたいゴルフ場で1人予約を受け付けていれば予約できる。人数が集まれば組が成立し、1人予約者同士でプレーするのだ。

このやり方を始めたのは、バリューゴルフが最初で、今ではゴルフ予約サイトの楽天GORAやGDOなどでも1人予約ができる。PGMは自社が運営している130コース超を対象に2017年9月からこのサービスを始めた。

PGM営業推進部の門伝正広副部長によると、今では月間来場者の約2%が1人予約での来場者で、8~9%に達しているゴルフ場もあるという。「1人1人の積み上げが集客に有効になってきています」という。

ゴルフ業界の課題は、再三このコラムでも取り上げているように、ゴルフ人口の減少や高齢化への対策、若い層や女性層の発掘など、ゴルフをする人を増やす、続けてもらうことなのだが、この1人予約が新たな顧客発掘に効果を上げ始めているようだ。

次ページ通常の予約はどうなのか
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。