語彙力がない子は「全教科の成績」が伸びない

東大生が断言!「問題文が読めない子」も多い

「Aの出来事が端緒となりBが発生し、Bの出来事はCと呼称されるようになった」

と、黒板や教科書に書いてあったとおりにノートに書けても、「端緒」「呼称」をぼんやりとしか理解できていないために、

「Aの出来事→Bの出来事=C」

とまとめられない。だから何と何がつながっていて、何と何が同じなのかがわからない。語彙力がないがゆえに、自分でかみ砕いて理解することができないのです。

「構造化」こそ最高の勉強法だ

先日、東大生6人と飲み会に行った時に、「どういう勉強がいちばん効果があるか」という話になったのですが、その結論は「知識を構造化する勉強」でした。

何と何がつながっていて、どことどこが類似で、どれとどれが反対なのか。そういった「事象を構造的に理解していく勉強」がいい、ということです。そして多分、そんな勉強をできなくするいちばんの要因が「語彙力が欠けていること」なのだと思います。どう関連しているかを言語化するだけの語彙力がないから、構造化できないのではないでしょうか。

他人にも自分にも説明できない。こんな状態で勉強しても、問題も解けませんし、理解を深めることもできません。語彙力がないがために、どんなに勉強しても意味がない状態になってしまうのです。

語彙力が欠けていることの恐ろしさ、わかっていただけたでしょうか。

誤解しないでほしいのですが、語彙力というのは鍛えようと思えば鍛えられるものです。実際、僕も必死で鍛えました。前回の「東大生が絶賛!『電子辞書』は最高の学習ツールだ」でも紹介したように、電子辞書をフル活用して語彙力を上げることもできますし、また最近では語彙力を高めるための本も多く出版されています。ぜひ、「語彙力」を鍛えてみてください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT