アップル、中国で「ギャンブルアプリ」を削除

約2万5000のアプリを削除

米アップル<AAPL.O>は中国のアップストアから違法なギャンブルアプリを削除したと発表した。中国国営メディアはアップルが当局に協力して最近約2万5000のアプリを削除したと報じた。北京で2017年10月撮影(ロイター/Thomas Peter)

[北京 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は中国のアップストアから違法なギャンブルアプリを削除したと発表した。中国国営メディアはアップルが当局に協力して最近約2万5000のアプリを削除したと報じた。アップルはギャンブルアプリを削除したことは認めたが、削除したアプリの数は明らかにしていない。

同社は発表文で「多くの違法なギャンブルアプリと、アプリを配布しようとした開発業者をこれまでにアップストアから排除した。こうしたアプリを見つけ、アップストアに置かないよう注意を払う」と説明した。

中国中央電視台(CCTV)は19日、アップルが違法なギャンブルアプリの配布を容認していると批判していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT