アップル、中国で「ギャンブルアプリ」を削除

約2万5000のアプリを削除

米アップル<AAPL.O>は中国のアップストアから違法なギャンブルアプリを削除したと発表した。中国国営メディアはアップルが当局に協力して最近約2万5000のアプリを削除したと報じた。北京で2017年10月撮影(ロイター/Thomas Peter)

[北京 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は中国のアップストアから違法なギャンブルアプリを削除したと発表した。中国国営メディアはアップルが当局に協力して最近約2万5000のアプリを削除したと報じた。アップルはギャンブルアプリを削除したことは認めたが、削除したアプリの数は明らかにしていない。

同社は発表文で「多くの違法なギャンブルアプリと、アプリを配布しようとした開発業者をこれまでにアップストアから排除した。こうしたアプリを見つけ、アップストアに置かないよう注意を払う」と説明した。

中国中央電視台(CCTV)は19日、アップルが違法なギャンブルアプリの配布を容認していると批判していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。