アップル、中国で「ギャンブルアプリ」を削除

約2万5000のアプリを削除

米アップル<AAPL.O>は中国のアップストアから違法なギャンブルアプリを削除したと発表した。中国国営メディアはアップルが当局に協力して最近約2万5000のアプリを削除したと報じた。北京で2017年10月撮影(ロイター/Thomas Peter)

[北京 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は中国のアップストアから違法なギャンブルアプリを削除したと発表した。中国国営メディアはアップルが当局に協力して最近約2万5000のアプリを削除したと報じた。アップルはギャンブルアプリを削除したことは認めたが、削除したアプリの数は明らかにしていない。

同社は発表文で「多くの違法なギャンブルアプリと、アプリを配布しようとした開発業者をこれまでにアップストアから排除した。こうしたアプリを見つけ、アップストアに置かないよう注意を払う」と説明した。

中国中央電視台(CCTV)は19日、アップルが違法なギャンブルアプリの配布を容認していると批判していた。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。