ナイキ創業者「日本人は挑戦できる人たちだ」

フィル・ナイトが「日本を熱烈に愛する」理由

笑顔で「日本への愛」を語るフィル・ナイト氏(筆者撮影)
発売から1年足らずで20万部を突破、「2017年最高の書」と高い評価を得たナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。
米Netflix社が同書の「映画化権」を取得、日本でも「ビジネス書大賞2018」で大賞を受賞するなど、2018年も話題になり続けている。
「ナイキは日本から生まれた」とも言えるほど日本と関係が深く、日本好きなナイト氏本人に、日本人へのメッセージを語ってもらった。

ナイキ本社にはなぜか「日本庭園」がある

アメリカ・オレゴン州ポートランドは、アメリカで最も住みたい街と言われる。食やファッションなどライフスタイル全般で注目を集める都市だ。昨今のシリコンバレーの生活コスト暴騰から、生活の質の向上を求めてポートランドを目指すエンジニアも少なくない。

ポートランド郊外、ビーバートンに本社を構えるのが、世界で最も有名なスポーツブランド、ナイキだ。東京ドーム約35個分の広さを誇り、あらゆる競技の施設が用意されているキャンパス(ナイキでは本社の敷地をこう呼ぶ)の中心には、広々とした池がある。

ナイキ本社にあるNissho Iwai Garden(筆者撮影)

その池を望む社員の憩いの場には「Nissho Iwai Garden」(日商岩井ガーデン)がある。春になると桜並木が満開になる日本庭園は、ナイキの成立と日本との間に深い関係があることを物語る。

そんなナイキ本社で、創業者のフィル・ナイト氏へインタビューすることができた。ここでは、ナイト氏が本に著したナイキと日本について、そして現代の人々へのメッセージに迫りたい。

次ページ「みんなの知らないナイキの物語を書きたかった」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。