W杯の「サッカー・スパイク戦争」が熱すぎる

長友のオーバーラップを可能にする「あの靴」

ワールドカップは「スパイク」に注目すると、また違った楽しみが見つかります(写真:AP/アフロ)
日々熱戦が続くワールドカップ(W杯)2018ロシア大会。強豪国やスター選手が思わぬ苦戦を強いられたかと思いきや、「西野ジャパン」は初戦のコロンビア戦で大金星。第2戦セネガル戦でも引き分けるなど、世界を驚かせる「番狂わせ」が多発してる。今年のW杯は例年にない盛り上がりになりそうだ。
「大げさではなく、ナイキが今年のW杯全体をドラマティックにしている、面白くしているという気がします」
サッカー・スパイクを語りだすと止まらないカリスマ「スパイク博士」こと、Futaba SOCCER WORLDの副店長、高橋竜也氏はこう語る。
熾烈を極めるサッカーW杯。その足元にある「もうひとつの知られざる戦い」を、自身もFW選手であり、今日も店頭でスパイク市場の最前線に立つ博士に解説してもらった。

「結果を出させる靴」と「履かせ込む力」

「ナイキのサッカー・スパイク市場でのポジションは?」と聞かれれば、「断然トップ」と答えると思います。今回のワールドカップの全出場選手のうち、63%がナイキのスパイクを採用しており、圧倒的な存在と言えます。

日本では暫定的に2位のアディダスと拮抗することがあっても、年間を通じれば3~4割の販売シェアで1位を維持しています。日本のサッカー・スパイク市場のプレーヤーはナイキ以外に4社ほどありますが、ナイキが圧倒していて、まさに「1強」状態と言えます。

日本の代表選手では、代表メンバー23人中、長友佑都選手、山口蛍選手、昌子源選手、酒井宏樹選手、遠藤航選手など4、5人の選手が着用しています。また、今回は惜しくも選ばれませんでしたが、予選で活躍したドイツの浅野拓磨選手やスペインの井手口陽介選手も愛用しています。

ナイキの強さの要因は、そのプロモーションや革新的なものづくりのスケールにあります。ナイキは現在、他社がまったく追いつけないレベルにあると言っていいでしょう。

特にここ10年ぐらいの間、右肩上がりにシェアを伸ばしてきたと実感しています。なぜそれほどまでに選手に浸透してきたのか。ナイキのスパイクのいちばんの強みは、そのコンセプトにあると思います。

次ページナイキの強さを支える「哲学」とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。