W杯の「サッカー・スパイク戦争」が熱すぎる

長友のオーバーラップを可能にする「あの靴」

カンガルー皮を使うと、非常にしなやかになり、足と一体化するフィット感を実現しやすいのです。はじめ、あまり足に合ってなかったとしても、しだいに足なじみが良くなってきます。この抜群のフィット感が、昌子選手や遠藤選手が得意とする「ボールを止めて蹴る」という動きをしやすくしています。

先日、引き分けに持ち込んだ「日本×セネガル戦」で昌子選手が見せた守備の反応の速さも、この【ティエンポ】の貢献が大きいと思います。

腰裏(かかとの内側の部分)に人工皮革であるマイクロファイバーを採用しており、靴の中で足がずれない。足入れのカッティングが動きやすいローダウンになっていても、「走る」「ボールを止める」「蹴る」が非常にやりやすいのです。

ナイキは、創業者のフィル・ナイト氏が元・陸上競技の選手で、“アスリートのためのシューズ”という定評がありますが、サッカー・スパイクについても徹底的に考えつくされています。アスリート文化が生んだナイキの哲学を、スパイク一つひとつから感じ取ることができます。

グラウンドで選手の最後の味方になるのは、スパイク

グラウンドで選手の最後の味方になってくれるのは、スパイクだと思っています。先述の「ブラジル×コスタリカ」の試合でも、疲労が限界まできている最後の2分間、20m以上を走り込んだコウチーニョ選手の爆発的なスピードや、ネイマール選手の相手のDFとせめぎ合う中での一瞬をとらえたシュート力。最後の最後まで力を振り絞った選手に、こうして結果を出させるのが、最新テクノロジーと優れたインターフェースを盛り込んだスパイクなのだと思います。

『SHOE DOG』特設サイトはこちら

日本時間6月28日夜11時に始まる、日本の決勝トーナメント進出のかかったグループリーグ第3戦「日本×ポーランド」戦も、まさにナイキのスパイク同士の対決が見ものです。前述したように、日本のセンターバック・昌子選手はボールコントロールに優れた【ティエンポ】を履いていますが、日本から最も恐れられているポーランドのFWレヴァンドフスキ選手は、「点取り」に特化した【ハイパーヴェノム】を履いているのです。

レヴァンドフスキ選手は、怖いくらい完璧な万能型FW。どの場所からでも、ゴールさえ見えれば点を取れる選手で、しかもスピードがあってボールコントロールも巧み。さらにはゲームメークもできてフリーキックもうまい。無回転シュートも打てる。そういう選手が【ハイパーヴェノム】を履くと、どれだけ危険になるのか。このレヴァンドフスキ選手を、【ティエンポ】を履いた昌子選手がどう抑えるか、要注目です。

スパイクを知ってサッカーを観ると、めちゃくちゃ面白いんです。この人がこういう動きを、ああいうプレーをしたのって……と足元を見ていくと、「このスパイクか!」みたいなシーンがたくさんあります。スパイクの闘いと思ってW杯を見ると、また違った面白さに出合えると思います。

「世界に勝てるか勝てないかは、スパイクが決める」と言っては言い過ぎかもしれませんが、ぜひ皆さんも、選手の足元にも注目しながら、W杯を楽しんでみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT