W杯の「サッカー・スパイク戦争」が熱すぎる

長友のオーバーラップを可能にする「あの靴」

カンガルー皮を使うと、非常にしなやかになり、足と一体化するフィット感を実現しやすいのです。はじめ、あまり足に合ってなかったとしても、しだいに足なじみが良くなってきます。この抜群のフィット感が、昌子選手や遠藤選手が得意とする「ボールを止めて蹴る」という動きをしやすくしています。

先日、引き分けに持ち込んだ「日本×セネガル戦」で昌子選手が見せた守備の反応の速さも、この【ティエンポ】の貢献が大きいと思います。

腰裏(かかとの内側の部分)に人工皮革であるマイクロファイバーを採用しており、靴の中で足がずれない。足入れのカッティングが動きやすいローダウンになっていても、「走る」「ボールを止める」「蹴る」が非常にやりやすいのです。

ナイキは、創業者のフィル・ナイト氏が元・陸上競技の選手で、“アスリートのためのシューズ”という定評がありますが、サッカー・スパイクについても徹底的に考えつくされています。アスリート文化が生んだナイキの哲学を、スパイク一つひとつから感じ取ることができます。

グラウンドで選手の最後の味方になるのは、スパイク

グラウンドで選手の最後の味方になってくれるのは、スパイクだと思っています。先述の「ブラジル×コスタリカ」の試合でも、疲労が限界まできている最後の2分間、20m以上を走り込んだコウチーニョ選手の爆発的なスピードや、ネイマール選手の相手のDFとせめぎ合う中での一瞬をとらえたシュート力。最後の最後まで力を振り絞った選手に、こうして結果を出させるのが、最新テクノロジーと優れたインターフェースを盛り込んだスパイクなのだと思います。

『SHOE DOG』特設サイトはこちら

日本時間6月28日夜11時に始まる、日本の決勝トーナメント進出のかかったグループリーグ第3戦「日本×ポーランド」戦も、まさにナイキのスパイク同士の対決が見ものです。前述したように、日本のセンターバック・昌子選手はボールコントロールに優れた【ティエンポ】を履いていますが、日本から最も恐れられているポーランドのFWレヴァンドフスキ選手は、「点取り」に特化した【ハイパーヴェノム】を履いているのです。

レヴァンドフスキ選手は、怖いくらい完璧な万能型FW。どの場所からでも、ゴールさえ見えれば点を取れる選手で、しかもスピードがあってボールコントロールも巧み。さらにはゲームメークもできてフリーキックもうまい。無回転シュートも打てる。そういう選手が【ハイパーヴェノム】を履くと、どれだけ危険になるのか。このレヴァンドフスキ選手を、【ティエンポ】を履いた昌子選手がどう抑えるか、要注目です。

スパイクを知ってサッカーを観ると、めちゃくちゃ面白いんです。この人がこういう動きを、ああいうプレーをしたのって……と足元を見ていくと、「このスパイクか!」みたいなシーンがたくさんあります。スパイクの闘いと思ってW杯を見ると、また違った面白さに出合えると思います。

「世界に勝てるか勝てないかは、スパイクが決める」と言っては言い過ぎかもしれませんが、ぜひ皆さんも、選手の足元にも注目しながら、W杯を楽しんでみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT