知らないと怖い「睡眠」の常識・非常識

不眠だと「生活習慣病」の発症率が2倍に

体のしくみを知って快眠を手に入れよう(写真:プラナ/PIXTA)
60歳以上で不眠に悩む人は3人に1人に上ります。年を重ねるにしたがって食事や運動に気をつける人は増えますが、睡眠についてはないがしろにされがち。しかし不眠を抱えていると、生活習慣病の発症率も上がると報告されており、睡眠は健康を維持するために欠かせない要素の1つです。
からだのしくみを知り、ぐっすりと眠る生活を始めるために、杏林大学名誉教授で日本ブレインヘルス協会理事長の古賀良彦先生にお話を伺いました。

年を重ねるにつれ、不眠に陥りやすくなる

蒸し暑いと夜に布団に入っても寝つきが悪いことはありますね。1日を振り返りながら、「あの人にイヤなことを言われた」などど不愉快な気持ちが膨らむと、ますます目がさえるでしょう。ふと時計を見れば、深夜の1時、2時。「明日は早く起きるから寝ないといけない」と思えば思うほど、寝つけない。このような不眠に悩む人は、60歳以上で3人に1人に上ります。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

「年を重ねるにつれ、睡眠リズムが少なからず乱れて不眠に陥りやすくなります。うつ病が陰に隠れていることもありますが、日頃から快適な睡眠を意識することで解消できることは多い。しかし、一般的に健康のために食事や運動に気をつけても、睡眠はないがしろにされがちです。快適な睡眠を心がけてください」と古賀良彦先生は話します。

眠れないと、快眠を実現するのは難しいように思えますね。でも、眠る環境を整え、日中の活動量を上げ、ストレスを解消するなど工夫をすることで、寝つきは良くなるそうです。単に寝ようとして、眠れない状態を放置することが問題といえます。不眠を放置すると、さらに睡眠リズムが乱れて眠れないといった悪循環にも陥るのです。

次ページ生活習慣病の発症率が2倍に…
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。