ガンと闘いフットサル選手を続ける男の矜持

湘南ベルマーレ・久光重貴37歳の向き合い方

闘病しながらピッチに立つ久光重貴選手  (写真:©️SHONAN BELLMARE)

「フットサル選手って、自分がいくらやりたいと思っても、やれる場所を与えてもらえなければ、ただのフットサルがうまい兄ちゃんです。

チームから“お疲れさま”と肩を叩かれる時がいつ来るのかはわかりませんが、その時に、後悔したくないし、やりきって終わりたい。頑張る権利をいただいている間は全力で頑張りたい」

また、そんな所属クラブに対して、久光は、感謝の意を語る。

「湘南ベルマーレには、スポーツで地域に根付いていこうという力強さを感じる。

もし、僕が湘南ベルマーレの選手じゃなかったら、これだけの応援をいただけなかったし、これだけ頑張ることもできなかったんじゃないかと思う」

久光が描く未来

久光の元には、毎日、多くの応援メッセージが届く。中には、久光の記事を読んで、“やっぱり仕事を続けます”というメッセージを送ってくる人も多いそうだ。

そんなメッセージをもらうと、「しんどいけど、やっててよかった」と心底思うそうだ。

今では、日本人のうち、2人に1人はガンになる時代とも言われるがこれは高齢者も含めた数字。久光のような現役世代のガン罹患率は数%にとどまるため、日本の社会では、ガン患者の就労は社会課題の一つになっている。

スポーツに関心が集まる中でガンの治療をしながら現役選手として活動することの意義は非常に大きい。

冒頭の言葉の通り、久光は現在、点滴による抗がん剤治療を行いながら、ベットの上で副作用の苦しみに耐える日々を送っている。

いま、久光は、ガンを患いながらも、トップアスリートであり続けるために、まさに自分の限界に抗い続けている。フットサル選手としてふたたびピッチに立つために。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT