「もう1つのW杯」に挑む、諸江剣語31歳の挑戦

プロサッカー選手の夢を諦めた男が目指す先

フットサルのFリーグ、フウガドールすみだ(昨シーズン4位)のキャプテン諸江剣語(もろえ けんご)選手(筆者撮影)

「よしっ、今日も自信をつけていこう!」

小柄だがガッチリした体躯の男は、大きな声を発すると、さすがに無理があるだろうと思われる重さ160kgのバーベルを、苦悶の表情を浮かべながら、一気に持ち上げた。その声の主は、日本フットサルリーグ(Fリーグ)所属フウガドールすみだのキャプテン、諸江剣語(31)だ。サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会が開幕したこの日、諸江は薄暗いトレーニングジムの中で、パーソナルトレーナーの指導のもと、一心不乱に肉体改造に取り組んでいた。

「1人ではここまで自分を追い込むことはできませんし、身体の使い方も意識させてくれるので、プレーにも良い影響が出ています。調子はいいです」

2018-2019シーズンのFリーグ開幕を目前に控えたこの日の諸江は、2年間続けてきた肉体改造の手応えを明るい表情で語る。

フットサルとの出会いで抱いた希望

幼い頃から、スピードとテクニックに秀でていた諸江は、サッカーの名門、静岡学園高校でもレギュラーとして活躍したが、描き続けてきたプロサッカー選手になるという夢をかなえることはできず、卒業後に帰省した。失意を紛らわそうと、地元の友人に誘われてフットサルを始めた。

地元の石川県にある強豪チームに加入して全国大会に出場すると、当時国内最強と言われたプレデター浦安(千葉県)を相手に、何度もドリブルで突破していく衝撃のプレーを見せる。その試合を観戦していた当時のフットサル日本代表監督セルジオ・サッポ氏は、諸江やチーム関係者に、早く上京してもっと高いレベルでプレーすることを強く勧めた。日本代表の指揮官に適性を見いだされた18歳の諸江は、こうして、フットサルの世界に引き込まれていった。

諸江が入団した当時のプレデター浦安には、日本フットサル界を代表する選手たちが数多く在籍していた。若手だった諸江は、チームから、攻撃の起爆剤になるような思い切ったプレーを求められたが、気が優しく周囲へ遠慮がちだった若者は、名だたる先輩たちに囲まれ、自分の特徴を出すことができずにいた。

ゴールに向かってドリブルできるのにパスを出してしまったり、前を向けるのに後ろを向いてしまう。消極的なプレーが目立つようになっていき、フットサル日本代表監督に認められた才能は、いつしか輝きを失っていた。

次ページ当時の諸江の様子
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。