「もう1つのW杯」に挑む、諸江剣語31歳の挑戦

プロサッカー選手の夢を諦めた男が目指す先

苦しげな表情を浮かべてフィジカルトレーニングをする諸江剣語(筆者撮影)

Fリーグには、アジア最強クラブの呼び声が高い名古屋オーシャンズをはじめ、フットサル環境が整ったクラブがいくつかある。

その環境を求めて、ブラジルやスペインなど、フットサル強豪国の代表クラスの選手が、毎年日本にやってくる。

海外に出て行かなくても、彼らを基準にプレーしていれば、世界と戦う道を切り開くことができる時代だ。

諸江が所属するフウガドールすみだは、2014年にFリーグに昇格したが、そこで諸江が屈強な外国人と対峙するたびに痛感したのは、圧倒的なフィジカルの差だった。自分に足りないものを求めてたどり着いた結論が、肉体改造だった。

前述の岡部氏は、諸江のことをこう語る。

「剣語のどこがすごいかっていうと、まず、お尻がデカイから、とにかく横に早いんですよ。普通、横に無茶な体勢を取らせたら、次が動けないんですけど、剣語の場合は、そこでもう一回立て直して粘り強く守ることができるんです。かつ、腕力がメチャクチャ強いので、腕に当たっちゃうと引っかかって動けなくなってボールを奪われてしまう。機動力もあるうえに、大きい相手にも対応できるスーパーなディフェンダーですね。しかも、謙虚だし言い訳もしない。人間性もすばらしい最強のディフェンダーだと思います」

肉体改造が諸江にもたらしたこと

また、昔、ラグビー選手だった父の諸江孝さんは、そのガッチリした上半身を揺らしながら、わが息子のフィジカル的な成長をうれしそうにこう語る。

「昔のあいつは身体の大きな相手にぶつかると、すぐに倒れていた。“スピードが落ちるから筋肉はいらない”とか言って、俺の言うことなんか聞かんかった(笑)。でも、最近はやっと身体が大きくなってきて、デカい選手を相手にしても倒れなくなってきたけんね」

最後列からチームを鼓舞する諸江剣語(筆者撮影)

後日、このことを諸江本人に伝えると、照れくさそうに答えた。

「確かに、以前から親父には“筋トレなんて必要ない”って言っていましたね(笑)。変な意地みたいなのがあったんでしょうね。

でも、いま任されているポジションは、身体の大きな選手を相手にしたときに、どうしても一定の強さが必要なポジション。自分の攻撃的な特徴は残しつつも、チームに安定感を与えるような選手になるために、そして外国人たちと戦っていくためにも、肉体改造は必要なことでした」

次ページ突然訪れた最愛の兄との別れ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT