プログラミングで鍛えられる「仕事力」の本質

問題を深く考察し解決へと導く思考が必要だ

プログラミング的思考の一般的な概念として、プロダクトが出来上がるまでの「コーディングのプロセス」のことだと思われがちですが、実はもっと奥深い意味があるのです。

コンピューティショナルシンキングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか? 日本語に直訳すると「計算論的思考」という概念に相当します。コンピューターサイエンスを専攻されている学生さんなら一度は聞いたことがあるかもしれません。「問題点」を深く考察し、コンピューターがどうしたら動きやすくなるかを私たち人間が知恵を絞って考えるというような意味合いです。プログラミング的思考はこのコンピューティショナルシンキングとほぼイコールだと捉えてよいでしょう。

プログラミング的思考とは「問題解決能力」

結局のところ、いくらIT化が進み、いくら優れたコンピューターが登場しても、それは人間によってコンピューターが抱える問題点を適切に捉えたうえで、コンピューターが動きやすいように人間の知恵から創造されたモノにすぎないのです。従って、プログラミング的思考とは広義の意味では「問題解決能力」のことだと言ってもあながち間違いではないのです。

先にご紹介した山田さんと武田さんは、一見するとコミュニケーション能力に問題があるように捉えられがちですが、実はこの問題解決能力のほうに問題があったのではないかと推測しています。

プログラミング的思考が、「問題」を深く考察し「問題解決」へと導く思考であるなら、なにもエンジニア志望の方だけに必須の能力ではなく、長い人生において、どんな逆境にあっても知恵を振り絞って心豊かに生きるために、大人から子どもまで、世界中のあらゆるご職業の方に必要な能力だと言うことができるのではないでしょうか。

この先、お子さんがどんな逆境に置かれたとしてもそれを乗り越えられるような、高い問題解決能力を身に付けておくためには、その前提として常日頃鍛えておかなくてはならない力があります。その力とは、問題を解決へと導く突破口となるアイデアを生みだす発想力であり、生みだされたアイデアをカタチにする「創造力」にほかなりません。

『売れる! 魔法のアイデア 7パターン39の法則』(Clover出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

問題点を見つけたり、問題点がどこにあるのかを深く考えたりするだけでは、その問題が解決することはありません。また、その問題となる原因を見つけだしたら、次はそれをどうやって解決するかの「アイデア」が必要となります。いくら優れたアイデアが次々と湧いたとしても、それをカタチにできなければ問題は永遠に解決されることはないのです。実はプログラミング教育必修化における、真の目的がここにあり、このプロセスがまさにプログラミング的思考なのです。

広い視野で見てみると、プログラミング教育必修化は、お子さんのあらゆる可能性を引き伸ばしてくれるだけではなく、時としてお子さんを逆境から救う武器にもなりうるのです。また、教員や親御さんにとっても、ご自身の創造力を見つめ直すすばらしい機会になるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。