ジョブズは"不完全な"人間だった

映画「スティーブ・ジョブズ」監督が語るジョブズ論

――本作のオープニングは、アップルコンピュータの社内ミーティングで、初めてiPodを披露する場面から始まります。多くの人を魅了してきたジョブズのプレゼンを非常にうまく再現しているなと思いました。

あのシーンはアップル内部で行われたミーティングを基に作られているが、あそこでiPodを見せることこそが、ジョブズがやってきたことの集大成だったのだと思う。だから、僕も脚本家もアシュトンも、みんながあそこをきちんと見せることが大事だと思っていた。なので、アシュトンも仕草や歩き方などをジョブズに似せるようにした。

アップルの「ガレージ時代」から取材

――この映画を作る際に、いろいろな人にリサーチをしたと聞きましたが、どのような人にリサーチを行ったのですか?

主に一緒にガレージにいた初期のアップルコンピュータの人たち。ジョブズと一緒にインドに行ったダニエル・コトキとか、スティーブ・ウォズニアック以外は全員にインタビューをすることができた。ほかにも、できるだけいろいろな人に会いに行ったね。

――この映画を作っていて、まるで自分にジョブズが乗り移ったのではないか、という感覚はありましたか? たとえばスタッフにハードワークを課してしまったとか。

それはいつもだよ(笑)。僕は毎日、スタッフに無理難題を押し付けていて、まるで独裁者のようだった。ただ、僕という人間は、人の気持ちを推し量る協調性を持っているが、ジョブズはそうじゃなかった。つねに前を見て、世界を変えることができるのは何か、それを考えていた人だったからね。

(C)2013 The Jobs Film,LLC.

(撮影:ヒダキトモコ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT