Facebookの10分の1? Twitterの価値

株式公開するツイッターの”企業価値”が明らかに

フェイスブックに次ぐ大物ITベンチャーの株式上場として注目を集めるツイッター。10月3日に証券取引委員会へ提出された資料から、ベールに包まれていた収益の詳細が初めて明らかになった(関連記事「ツイッターの上場申請で稼ぎ具合が”丸裸”」)。

さらに今回、10月24日に公表された資料で、ツイッターの企業価値が算出できる。

資料によれば、株式公開価格の目安は1株あたり17ドル~20ドル。最大で8050万株を売り出す予定なので、株式上場による調達資金は、もっとも多くて16億ドル(約1600億円)となる見通しだ。

そして、上場後の発行済み株式総数は5億4469万株になる予定。これに公開価格の上限である1株20ドルを掛けると約109億ドルだから、ツイッターの企業価値(時価総額)は約1兆円ということになる。

先に上場したフェイスブックと比べると

では、109億ドルという時価総額は、ほかの有名IT企業と比べてみると、どれくらいの水準なのか。

まず、新規上場の”先輩”と比べるとどうか。ツイッターよりも一足先、2012年5月に株式上場を果たしたフェイスブックの時価総額は現在約1300億ドルなので、ツイッターの企業価値は、その10分の1以下だ。フェイスブックの直近の売り上げは約50億ドルに対し、ツイッターは約3億ドルだから、売り上げも時価総額もケタが1つ違う。

次ページヤフーの時価総額といい勝負?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT