ツイッターの上場申請で稼ぎ具合が"丸裸"

ベールに包まれていたツイッターの「数字」が明らかに

Facebookに続いてあの有力ベンチャーの上場が近づいている。2006年に創業したTwitter(ツイッター)が、「株式上場のために証券取引委員会に書類を提出した」とツイートしたのが9月12日。その時点では非公開だった申請書類が10月3日にオープンとなり、最大10億ドルの資金調達を見込んでいることが明らかになった。手続きが順調に進めば11月にも上場するとみられている。

興味深いのは新たに手にするおカネの額だけではない。非上場企業でベールに包まれていたツイッターのさまざま「数字」が、200ページ弱に及ぶ申請書類の中にちりばめられている。このペーパーはツイッターを読み解く材料の宝庫だ。

次ページところでツイッターって儲かっているの?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT