ツイッターの上場申請で稼ぎ具合が"丸裸"

ベールに包まれていたツイッターの「数字」が明らかに

Facebookに続いてあの有力ベンチャーの上場が近づいている。2006年に創業したTwitter(ツイッター)が、「株式上場のために証券取引委員会に書類を提出した」とツイートしたのが9月12日。その時点では非公開だった申請書類が10月3日にオープンとなり、最大10億ドルの資金調達を見込んでいることが明らかになった。手続きが順調に進めば11月にも上場するとみられている。

興味深いのは新たに手にするおカネの額だけではない。非上場企業でベールに包まれていたツイッターのさまざま「数字」が、200ページ弱に及ぶ申請書類の中にちりばめられている。このペーパーはツイッターを読み解く材料の宝庫だ。

次ページところでツイッターって儲かっているの?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。