ユニクロが導入決定、米スクエアの魅力は?

日本でも広がるモバイル決済革命

ジャック・ドーシーCEOは「第二のジョブズ」として米国で人気だ

ついに小売り大手が導入に動いた。ユニクロは4日、米スクエアのモバイル決済端末を店舗で導入すると発表した。まずは、11日から東京・銀座店の12階に開設する「ウルトラライトダウン スペシャルストア」で利用を始める。

スクエアのサービスは、専用の小型機器をスマホやタブレット端末に差し込んで専用アプリを立ち上げると、スマホなどでクレジットカードの決済ができるというものだ。同社は2009年に米国でサービスを開始。北米で個人事業主や中小企業を中心に420万の顧客を抱える。

日本では三井住友カードと提携し、今年5月に上陸した。大手小売りチェーンによる利用はユニクロが初めてだ。小売業界では大手コンビニチェーンのローソンも導入すると取りざたされている。

創業者のジャック・ドーシーCEOは、最近上場を申請して話題となっているツイッターの共同創業者としても知られる。(関連記事「ツイッター上場申請で稼ぎ具合が”丸裸”」

レジ待ちの時間を短縮

ユニクロは、スクエアの端末を装着したiPadを持つ担当者が「レジ係」としてフロア内を回ることを想定。来店客は店舗にある商品の詳細情報を担当者のiPadで確認できるほか、その場で決済することも可能になる。これにより、来店客が列に並ぶ時間が短くなるなど、決済までの時間が短くなる。またスクエアの場合、決済手数料が3.25%と、通常のPOS端末を使った決済より低いという利点もある。

次ページ日本では後発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT