ユニクロが導入決定、米スクエアの魅力は? 日本でも広がるモバイル決済革命

拡大
縮小

モバイル決済はもともと、高額のPOS端末を導入できない個人事業主や中小企業でクレジットカード決済ができるようにすることを目的にスクエアが始めた。日本でも190万に上る個人事業主がおり、各社ともこうした層をメインターゲットにするとしている。

一方、米国ではスターバックスが全店舗でスクエアを導入しており、今後は大手による活用も見込まれる。日本でも、大手ファストフードチェーンがペイパルヒアの導入を検討しているようだ。個人事業主や中小企業より大手企業の利用が先に広がる可能性もある。前述の通り、ファストフードチェーンやコンビニなどは繁忙期や繁忙時間の顧客による待機時間の緩和に取り組んでおり、モバイル決済はこの突破口となる可能性があるからだ。

ユニクロが導入を決めたことで、今後ますますモバイル決済の利用が広がることは間違いない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT