スーツでバレまくる「失笑される人」の勘違い

大きすぎるダッポリスーツを着ていませんか

スーツの5つのチェックポイントは、世界共通のルールです(写真:shironosov/iStock)
明治維新でチョンマゲを切って洋服を選んだにもかかわらず、150年経っても変な着こなしをしているのが日本人。ワシントンで世界のエリートとともに非言語コミュニケーションを学び、ニューヨークでビジネスを展開してきた安積陽子氏の著書『NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草』の中から、「スーツの5つのチェックポイント」をご紹介する。

皆さんにご自身のスーツのサイズを確認していただくための、簡単な方法を紹介しましょう。まずは誰もが簡単にできるチェックポイントを5つお話ししますので、チェックしてみてください。

1つ目は肩のフィット感です。バブルを経験した日本人の中高年の男性の場合、8割近くの人が大きめのサイズのスーツを着ています。バブル当時の流行が、「ソフトスーツ」と呼ばれるダッポリとした型だったからでしょう。なかには肩の部分が大きく下がった、全体的に2サイズほど大きめのスーツを着ている人もいます。

正しい肩の位置は、スーツの肩を人差し指と親指でつまんで、ひとつまみほどのところです。

ジャケットの丈は長すぎても短すぎてもダメ

2つ目はジャケットの丈です。ジャケットの裾は、ちょうどお尻の丸みが見えなくなるところに合わせましょう。これ以上長いと寸胴に見えますし、短いとカジュアルすぎてビジネスにはふさわしくありません。

袖丈は、腕を下ろした状態で、手の平を下に向けて床と水平に手首を曲げたときに、ちょうどスーツの袖の先が、手の甲にギリギリ触れるか触れないかというところが適正サイズ。手の甲から離れていれば、シャツが出すぎてしまいますし、手の甲に完全にかぶさっていれば、それは長すぎます。ご自身のスーツで試してみてください。

次ページ各国首脳陣の着こなしを見てわかること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。