スーツでバレまくる「失笑される人」の勘違い

大きすぎるダッポリスーツを着ていませんか

スーツの5つのチェックポイントは、世界共通のルールです(写真:shironosov/iStock)
明治維新でチョンマゲを切って洋服を選んだにもかかわらず、150年経っても変な着こなしをしているのが日本人。ワシントンで世界のエリートとともに非言語コミュニケーションを学び、ニューヨークでビジネスを展開してきた安積陽子氏の著書『NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草』の中から、「スーツの5つのチェックポイント」をご紹介する。

皆さんにご自身のスーツのサイズを確認していただくための、簡単な方法を紹介しましょう。まずは誰もが簡単にできるチェックポイントを5つお話ししますので、チェックしてみてください。

1つ目は肩のフィット感です。バブルを経験した日本人の中高年の男性の場合、8割近くの人が大きめのサイズのスーツを着ています。バブル当時の流行が、「ソフトスーツ」と呼ばれるダッポリとした型だったからでしょう。なかには肩の部分が大きく下がった、全体的に2サイズほど大きめのスーツを着ている人もいます。

正しい肩の位置は、スーツの肩を人差し指と親指でつまんで、ひとつまみほどのところです。

ジャケットの丈は長すぎても短すぎてもダメ

2つ目はジャケットの丈です。ジャケットの裾は、ちょうどお尻の丸みが見えなくなるところに合わせましょう。これ以上長いと寸胴に見えますし、短いとカジュアルすぎてビジネスにはふさわしくありません。

袖丈は、腕を下ろした状態で、手の平を下に向けて床と水平に手首を曲げたときに、ちょうどスーツの袖の先が、手の甲にギリギリ触れるか触れないかというところが適正サイズ。手の甲から離れていれば、シャツが出すぎてしまいますし、手の甲に完全にかぶさっていれば、それは長すぎます。ご自身のスーツで試してみてください。

次ページ各国首脳陣の着こなしを見てわかること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT