静岡発で快進撃するオーダースーツ店の正体

縮む市場に立ち向かう「着心地」「お手頃」

採寸の様子(写真:アーク提供)

4月になると、ビジネス街では、真新しいスーツに身を包んだ新入社員や就職活動中の学生が目につく。社会人生活が長くなった人も、かつての自分を重ね合わせるかもしれない。

一方、紳士用スーツ市場は、社会全体で進むカジュアル化の影響もあり、2007年度の3099億円をピークに縮小し、2013年度は2183億円となった(矢野経済研究所「アパレル産業白書」)。6年で1000億円近く、約3割も市場が縮んだのだ。

別の調査では、1991年に1世帯当たり年間2万5000円を超えていた「背広、ワイシャツ、ネクタイの合計額」が、2016年には6959円にまで落ち込んだ(総務省統計局「家計調査」)。両調査でも縮小が著しい。その理由は後述する。

「アーク中田店」(写真:アーク提供)

縮小市場の一方で近年伸びているのが、生地を選び、採寸してつくる「オーダーメイドスーツ」だ。かつては富裕層向けのイメージだったが価格も下がり、普通の社会人に手の届く価格となった。そのオーダースーツに取り組み、業績を伸ばす企業がある。それも首都圏や大阪、名古屋といった人口の多い大都市ではなく、地方で独自の手法を開発している点に注目だ。

「地方都市」で顧客を増やせる理由

静岡市葵区にある「アーク中田店」――。場所はJR静岡駅から徒歩25分ほどのロードサイド沿いだ。店内にはスーツの生地が展示されており、「2着で3万9800円」(税別)の格安価格から「1着7万9800円」の高級ブランドまで揃うオーダーメイドスーツの専門店だ。

経営者は、近年、多くの競合が真似した「2着で○円」という販売手法を1992年から始めた。サッカーJリーグ「清水エスパルス」の公式スーツサプライヤーでもある。

次ページなぜ好調なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。