フランスが4万円スーツの大統領にお熱の訳

彼にとって一番のアピールポイントは何か

大統領就任式に、あえて4万3000円の既製スーツを選んだマクロン。それでも、あざとく見えないのはなぜでしょうか(写真:写真:ロイター/アフロ)
“テーラーメードのスーツというのは、フィット感や張り感をあげる裏地のテクニカルな仕上げはもちろん、ボタン1つの手縫いまでこだわるものなのさ。その服のほうから主人に合わせる。その点、既製服は誰もが着こなせて、似合うわけではない。人を選ぶのさ”
             
~セバスチャン 英国老舗ブランドのテーラー

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのフランス新大統領、エマニュエル・マクロン。先月14日、大統領就任式がパリ市内の大統領官邸、エリゼ宮で行われました。就任式のファッションがちょっとした話題となったのをご記憶の方も多いかもしれません。

就任式のファッションといえば、一般的に大統領よりもファーストレディに目が行くものですが、今回はそうではなかったのです。マダム・マクロン、ブリジットの場合は、2015年から契約でヴィトンのリースを受けており、当日もヴィトンの淡いブルーのスーツにキャプシーヌのバッグでした。これはまぁ順当です。

就任式に4万円の既製スーツで臨んだマクロン

話題となったのは、大統領ご本人のファッション。スーツはいつも愛用しているJonas&Cie、ブランドとはいえ350ユーロ(4万3000円)ほどの既製服だったのです。そりゃあ、前代未聞に違いありません。CNNでは即刻ニュースとして取り上げられるほどでした。

選挙戦期間中、対立候補だった中道右派のフランソワ・フィヨンのスーツときたら、パリの老舗テーラーで何万ユーロもするオーダーメードだったとか。「しかももらい物だったのよ」とパリマダたちはささやき合っていましたから、マクロンへの好感度はまたアップしました。

庶民的なのはスーツのみならず。パリ7区のマクロン行きつけの床屋さんのカット料金も37ユーロ(4500円程度)と庶民的。こうしたこまやかな演出も含め、相変わらず、マクロンが15歳のときに演劇部の顧問だったブリジットの“指導”は冴え渡っています。

言うまでもありませんが、ロスチャイルド銀行に勤めていた時代の莫大な報酬を思えば、マクロンには相当なる資産があると推測されます。いくらでも高いものを買えたでしょうに、一般ピーポーの服を身に着けるなんて、あざといと言われないのでしょうか。そうではなく、単にファッションに無頓着なだけ?

理由は別のところにあると思います。

次ページあえて安いスーツを選んだ理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT