フランス人の結婚は「ロマンのかけら」もない

参列者の前で「財産分与法」すら読み上げる!

アムールの国フランス。結婚式はさぞロマンチックなのでは、と思いきや、意外にも超合理的でした(写真:MaksiPavel / PIXTA)
“街中でウエディング姿を見かけるというのはラッキーシンボルなの。1960年代は8割が教会で結婚式を挙げたのだけど、最近は少なくなったわね。だから余計、目撃するとツイている、っていうのよ” 
~イザベル 教会ボランティア

 

さつきの風が吹き過ぎればみなづき。ジューンブライド(6月の花嫁)のシーズンがやってきました。最近は地味婚や、入籍のみの “ナシ婚”カップルも多いようですが、強い信念に基づいたチョイスならともかく「どうしようかな」と迷われていらっしゃるのなら、「やっちゃえ、ブライダル!」でしょう。

女として生まれたからには、「生涯でもっとも美しい瞬間を経験しないなんてとんでもない」という気概は持っていたいものです。

フランスに「ジューンブライド」ジンクスはない

ジューンブライド(June Bride)という言葉はフランスで聞きません。6月に結婚すると幸せになるという言い伝えもありません。いったい6月に結婚したら幸せになれるなんて話は、何に由来するのでしょう。

ちょっと調べてみると、ヨーロッパ起源説がまことしやかに流布されています。結婚を司るローマ神話のユーノが6月の守護神であるから、農繁期の3~5月の結婚は禁じられており、解禁される6月に集中したとか……。

しかしながら、ローマ帝国はキリスト教を国教化して、ヨーロッパはローマ教皇下の神権体制を経験しています。今でもフランスはカソリック(カトリック)の国ですから、ギリシャ・ローマの神々がヨーロッパの人々の生活に影響を与えるというのは考えにくい話です。

とはいえ、フランスでは実際6月や7月に結婚式が(こと土曜日に)多く行われます。梅雨のないフランスではいい季節であることに加え、パートナーたちが長い夏のヴァカンスを前にして「本格的にガンバルか」と決意するからでしょうか。それともこの時期に結婚すると所得税の率が低くなるから、という合理的な理由からでしょうか。

なお、結婚自体も非常に合理的に行われます。フランスでは、事前に結婚を公知のものとする義務があり、その結婚に異議のある者は申し立てを行うことができます。とても極秘婚などはできません。

次ページフランスの結婚はあまりに合理的だ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT