「荻窪ラーメン」50年の名店が迎えた最後の日

一代で築いた「中華三益」は淡々と幕を閉じた

「お客さんが来て、お店が繁盛して、またお客さんが来て益々繁盛するように」という「三」つの「益」の意味を込めて「三益」と名付けた。

三益(筆者撮影)

荻窪は大正から昭和初期にかけては「西の鎌倉、東の荻窪」と言われるほどの庶民のあこがれの地だった。文化人や文豪が多く住み、別荘地としても栄えていた。戦後から荻窪駅の北口にはラーメン屋が並び、「荻窪ラーメン」が特集されるようになる随分前から実はラーメン激戦区だった。これらのお店には作家文人のファンも多く、彼らの著作や映画の舞台になったお店も数多い。

こだわりの自家製麺(筆者撮影)

寺田さんは、蕎麦職人時代にラーメンを作ったことがあったので、製麺からスープや具の仕込みまですべて自分でやった。製麺機は開業当時から使っていたものだ。朝5時20分に来て、まずは麺打ち。最終日まで毎日続けていた。製麺機のメンテナンスまで自分でやっていたという。

当時から庶民的な価格でラーメンを提供

開業時の値段は1杯50円。周りのお店はだいたい90円ぐらいだったが、値段を抑えた。蕎麦やうどんも80~90円、コーヒーは1杯100円の時代。当時から庶民的な価格でラーメンを提供していたことがわかる。あこがれも目標もない。生きていくために店を始めて気づいたら50年が経った。

カップラーメンブームの頃にお店存続の危機が訪れた。お店の近くにあるサウナから毎日のように出前が来ていたが、カップラーメンが出て2年間パッタリ来なくなったからだ。それでも毎日自家製にこだわってラーメンを作り続けた。お客さんは再び戻ってきた。

ラーメン(筆者撮影)

ラーメンの味は50年前からまったく変わっていない。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、ノリ。麺は自家製麺で中縮れの柔らかめ。魚介がほんのり利いた何ともホッとする1杯。当時を生きていなくても懐かしさを感じる、とてもおいしいラーメンだ。ラードでベタッと炒めたチャーハンもおいしい。ラードと醤油ダレは昔から味の核となっている。

チャーハン(筆者撮影)

「物のない時代はラードと醤油だけで何とか旨く作ってたものだよ」(寺田さん)

筆者はこのたびの閉店にあたっても最終日にお邪魔し、「中華 三益」の最後の日を見届けた。

その日は遊びに来ていた寺田さんのひ孫が「準備中」の札を「営業中」にひっくり返して営業スタート。寺田さんはいつもどおり白衣姿だった。「着るものは絶対に白。白衣ってのは汚れが目立つために白なんだよ。やっぱり医者と飲食業は白を着ないと」(寺田さん)

次ページ最後の1杯を食べに訪れる客
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT