「とみ田」のつけ麺にこもる挫折とこだわり

圧倒的支持の裏には店主の紆余曲折があった

多くのラーメンファンに認められている「中華蕎麦 とみ田」(筆者撮影)

JR東京駅から上野東京ライン直行で約30分。JR常磐線と新京成線が通る松戸駅(千葉県松戸市)から徒歩数分。首都圏を中心とした多くのラーメンファンに認められる名店がある。「中華蕎麦 とみ田」である。

「とみ田」はなぜここまで評価されているのか

濃厚豚骨魚介のスープと自家製麺が特徴のつけ麺(メニュー名は「つけそば」)を看板メニューに全国のつけ麺人気店が集まる「大つけ麺博」で2年連続日本一、ラーメンデータベース全国1位、食べログは4.06点でラーメン部門全国2位(2018年2月5日現在)という高い評価を受けている。ラーメン界の中では最高権威とも言われる「TRYラーメン大賞」では大賞を4年連続で受賞、昨年、殿堂入りを果たした。

「中華蕎麦 とみ田」の店主、富田治さん(筆者撮影)

今年1月にはリニューアルオープン。店の中を全て作り直し、客席数を従来の10から9に変えた。同月には店主の富田治さんを追ったドキュメンタリー映画『ラーメンヘッズ』も公開され、海外の5つの映画祭でも公式上映された。行列の絶えない話題のお店だ。

「とみ田」がなぜここまで評価されているのか。富田氏の今まで歩んできた道を辿ってみるとその理由がわかってくる。

富田氏は茨城県笠間市出身。もともとは実家が経営している土木建築の会社を手伝っていた。

次ページラーメンが大好きで食べ歩きをしていた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT