「とみ田」のつけ麺にこもる挫折とこだわり

圧倒的支持の裏には店主の紆余曲折があった

多くのラーメンファンに認められている「中華蕎麦 とみ田」(筆者撮影)

JR東京駅から上野東京ライン直行で約30分。JR常磐線と新京成線が通る松戸駅(千葉県松戸市)から徒歩数分。首都圏を中心とした多くのラーメンファンに認められる名店がある。「中華蕎麦 とみ田」である。

「とみ田」はなぜここまで評価されているのか

濃厚豚骨魚介のスープと自家製麺が特徴のつけ麺(メニュー名は「つけそば」)を看板メニューに全国のつけ麺人気店が集まる「大つけ麺博」で2年連続日本一、ラーメンデータベース全国1位、食べログは4.06点でラーメン部門全国2位(2018年2月5日現在)という高い評価を受けている。ラーメン界の中では最高権威とも言われる「TRYラーメン大賞」では大賞を4年連続で受賞、昨年、殿堂入りを果たした。

「中華蕎麦 とみ田」の店主、富田治さん(筆者撮影)

今年1月にはリニューアルオープン。店の中を全て作り直し、客席数を従来の10から9に変えた。同月には店主の富田治さんを追ったドキュメンタリー映画『ラーメンヘッズ』も公開され、海外の5つの映画祭でも公式上映された。行列の絶えない話題のお店だ。

「とみ田」がなぜここまで評価されているのか。富田氏の今まで歩んできた道を辿ってみるとその理由がわかってくる。

富田氏は茨城県笠間市出身。もともとは実家が経営している土木建築の会社を手伝っていた。

次ページラーメンが大好きで食べ歩きをしていた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。