東京の人気ラーメン店が採る地域集中の勝算

街と店のイメージ重ね、ブランドをつくる

「国分寺って人はよく降りるのに、これぞ!というラーメン屋さんがそんなにない」と目をつけたのは、「ムタヒロ」店主の牟田伸吾氏(筆者撮影)

飲食店の運営にあたって、立地を誤ると致命傷になりかねない。おいしいメニューを取りそろえ、店構えを立派にしても、場所が悪いとまるではやらずに潰れてしまう飲食店は数多い。

おいしいラーメンさえ出していればお客は集まる?

それはラーメン店でもしかり。「おいしいラーメンさえ出していればお客は自然と集まる」と考えるのは甘い。抜群に味の良いラーメンを出している店がオープン3カ月で潰れることもあれば、特に変哲のない味のラーメン店が10年、20年と続くこともある。

この連載の一覧はこちら

そんな立地戦略が特に重要なラーメン激戦区の東京で、これまでとは変わった立地戦略を採るラーメン店がひそかに増えてきている。主要駅の周辺など特定のエリアに同じグループ・ブランド・看板の複数のお店を集中して出すやり方だ。マーケティング用語で「ドミナント戦略」とも呼ばれるチェーンストアの出店手法である。

「つじ田」は、さまざまなセカンドブランドのお店も展開している(筆者撮影)

代表例の1つが、「つじ田」。現在、御茶ノ水エリアに3店舗、飯田橋エリアに3店舗を集中出店している。つけ麺が人気の「めん徳 二代目つじ田」を中心に、「つじ田 味噌の章」「成都正宗担々麺つじ田」「つじ田 奥の院」など、さまざまなセカンドブランドのお店も展開している。

「すごい煮干ラーメン 凪」は、新宿エリアに4店舗を展開している。こちらはセカンドブランドで展開するのは1店舗のみ(「Happy Pho」)で、ほかの3店舗はすべて「すごい煮干ラーメン 凪」。本店である「新宿ゴールデン街本館」が5坪というかなり狭いお店のため、歌舞伎町に「新宿ゴールデン街店別館」を設け、本館に入れないお客をうまく誘導している。歌舞伎町にあるのに「ゴールデン街店別館」というネーミングなのもユニークだ。

次ページ大手ラーメンチェーンは採らない手法
人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。