「荻窪ラーメン」50年の名店が迎えた最後の日

一代で築いた「中華三益」は淡々と幕を閉じた

常連さんや地域の人々、かつて通っていたお客さんまでもが次々とひっきりなしにお店を訪れ、最後の1杯を食べ、寺田さんにお礼やねぎらいの言葉をかける。

メニュー(筆者撮影)

小学生の頃から同店に40年以上も通い続けた作家の印南敦史氏はこう語る。

「小学校の頃、嫌で嫌でたまらなかった剣道の稽古の帰りに食べる三益のラーメンがおいしくて。その頃から通っています。おじさんはいつもと全然変わらないんですが、常連がしんみりしてしまいますね」(印南さん)

後継者がいない

寺田さんから後継者の話は聞いたことがない。

23年前に奥様を亡くされた後も弟子は取っておらず、近所の方に手伝いに来てもらって営業を続けていた。「東池袋大勝軒」の山岸一雄さんは奥様を亡くされた後は弟子を取り、孫弟子やひ孫弟子も入れると今や300人以上ともいわれ、大勝軒のDNAがラーメン界に受け継がれている。

寺田さん(筆者撮影)

一方、「三益」のように一代でひっそり閉店していくお店も数多いのが個人経営の中華料理店、ラーメン店の現実だ。厚生労働省が2016年に発表した「飲食店営業(中華料理店)の実態と経営改善の方策」によれば、個人経営の中華店の経営者の年齢は50歳以上で74.3%にも上る。5年前は同72%だったので、さらに高齢化した。

「後継者がいない」と答えたお店は何と全体の69.1%に上った。これも5年前の62%から上昇。店主の高齢化が進み、後継者探しも難しく、長時間労働となると閉店もやむなし。実数を把握できないが、2000軒以上のラーメン店・中華料理店を食べ歩いている筆者から見ても、「町中華」は確実に町から減ってきている。

「家業」という制度自体が崩壊しつつある今、後継者不足というよりはそもそも自分の代で終わりにしようと決心している店主も多いだろう。50年の歴史に幕を閉じた「中華 三益」はそれを象徴しているようだ。

一代でひっそり閉店していくお店も数多い(筆者撮影)

寺田さんは昨今のラーメンブームについてこう話している。

「自分のお店だけお客さんが来ていればいいのか、と言いたい。お客さんはあっちが旨い、こっちも旨い、と毎日いろんなお店で旨いものを食べてもらえばいい。共存共栄の考えが大事だよ」(寺田さん)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT